魔法食堂チャラポンタンのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,465件

魔法食堂チャラポンタン

3.003.00
映像
3.00
ストーリー
3.50
キャラクター
3.00
声優
3.00
音楽
3.50
感想数
1
観た人
1

魔法食堂チャラポンタンのあらすじ・作品解説

魔法食堂チャラポンタンは、2006年にWOWOWで放送されたアニメ作品である。1話5分ほどの短篇作品で全13話。不思議な世界にある食堂を営むヘタとカゴが織り成す、親子で楽しめるファンタジーな料理アニメである。 監督は松村麻郁、声の出演は川田妙子、小山力也。 「魔法食堂チャラポンタン」の玄関のドアはすべての場所とつながっていて、悩みを抱えた不思議な客がやって来る。 甘いお菓子ばかり食べて体がポロポロになったガラ、魔法学校の先生なのに魔法料理が苦手なパフ、おならに悩んでるプー。 元気な看板娘のカゴがお客の悩みを聞き、魔法料理人のヘタが「魔法のチカラはバカヂカラ。ハイ!チャラポンチャラポンチャラポンターン」と呪文を唱え、客の悩みを解決してハッピーにさせる料理を作り上げる。 カラフルで可愛らしいキャラクターや美味しそうな料理が毎回登場することや、人を思いやる気持ちや食事の大切さをユーモアたっぷりに伝えるアニメである。

魔法食堂チャラポンタンの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.003.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.003.00
声優
3.003.00
音楽
3.503.50

評価分布をもっと見る

魔法食堂チャラポンタンの感想

投稿する

独特の絵作りと軽いエピソード

紙芝居を見ている様な気分にさせてくれますよADOBEイラストレーターで描かれたような画面でどちらかといいますとデザインされたグラフィックイメージといったシーン作りがなされているようにも思いました。[魔法食堂チャラポンタン]は食堂でのストーリーです。魔法使いと怪獣が一緒に暮らしている食堂っていうキャッチフレーズだったでしょうかね。いらっしゃーいいってくれる店員の子がかわいいですがいらっしゃーいのイントネーションが微妙でかわいいと思います。魔法料理人がいてお客さんに出す料理をつくってくれるんですよね。ナレーションがサクサクと入っていて子供用の絵本的な感覚もあると思います。あとこの食堂は水辺にあるといいますか、湖か海の上に浮かんでいるみたいな竜宮城みたいな感じなんですね。一瞬中華レストラン的な料理が出て来るのかと思いましたが内装も食器などもやっぱり中国よりな気がします。ちょっと下品なエピソード...この感想を読む

3.03.0
  • CURECURE
  • 13view
  • 1038文字
PICKUP

魔法食堂チャラポンタンに関連するタグ

魔法食堂チャラポンタンを観た人はこんなアニメも観ています

魔法食堂チャラポンタンが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ