天皇の料理番のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

天皇の料理番

4.634.63
映像
4.88
脚本
4.63
キャスト
3.50
音楽
4.13
演出
4.38
感想数
4
観た人
7

天皇の料理番のあらすじ・作品解説

天皇の料理番は、TBSテレビ60周年記念特別企画として制作されたドラマである。何をしても長続きしなかった篤蔵がは、仏門に修行に行っていたにも関わらず、酒を飲み酔っ払い墓場の坊主墓を落とす悪行をしでかし波紋になるのである。 そんな篤蔵は、父が取り付けてきた昆布問屋・松前屋の娘・俊子の婿養子になり、持ち前の鼻の良さをいかして昆布の産地をかぎ分ける事が出来るなど俊子の父・金之助にも一目置かれるまでになったのである。昆布問屋の仕事は、篤蔵にも馴染みやすかったのですが、配達に出かけた鯖江連隊の厨房で調理をしていた軍曹に出会い、揚げたてのカツレツを口にした篤蔵は生まれて初めて経験したことのない強い衝撃を受け料理の虜になっていくのである。 出演しているのは、秋山篤蔵役に佐藤健、高浜俊子役に黒木華、松井新太郎役に桐谷健太、森田梅役に高岡早紀をはじめ柄本佑、鈴木亮平、杉本哲太、 伊藤英明、武田鉄矢などの豪華キャストである。

天皇の料理番の評価

総合評価
4.634.63
(4件)
映像
4.884.88
脚本
4.634.63
キャスト
3.503.50
音楽
4.134.13
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

天皇の料理番の感想

投稿する

こんなに大変な仕事とは思いませんでした

後世に残したいドラマ私が初めてこのドラマを知ったのは、今から37年前の1980年の事でした。当時まだ5歳の私でしたが、後に再放送で見ていました。主役は堺正章さんで、実際の戦争のシーンが挿入されるというドキュメンタリー要素も印象的でした。ナレーションには『男はつらいよ』でお馴染みの渥美清さんという豪華さで、当時もかなり力の入った作品だという事が分かります。出演者の中には明石家さんまさんも出ていました。当時はまだ大阪での活躍が多かったさんまさんですが、この作品で役者として全国区に知られる事になったそうです。堺正章さんとの漫才のようなやりとりが楽しかったのを覚えています。その後も高嶋政伸さんが主演され、2015年に佐藤健さんが主演となり再びリメイクされました。天皇陛下の料理番をされていた方のお話にももちろん興味はありますが、明治から大正、そして昭和へと移り行く世の中を後世に残すという意味でもこの作品はず...この感想を読む

4.04.0
  • yukiyukiyukiyuki
  • 13view
  • 2050文字
PICKUP

人のために生きる

人生の目的佐藤健さん演じる秋山篤蔵は、カツレツを食べたことに衝撃を受けて、それからこっそり料理を習うようになりました。このことが人生の転機となって人生の目的を見つけましたが、兄の周太郎も日本大学の法学科に通っており、司法の道を志していましたし、後の妻俊子も結婚後産婆の道を歩みます。また、桐谷健太さん演じる松井新太郎は絵の道を志していたり、とこのドラマでは皆、人生の、生きる目的をはっきりと持っており、それの為に一生懸命です。私もその一人でしたが、将来何をしたらいいのかわからない、夢がない、何の為に生きているのかわからないという人は少なくないと思います。そういった人にとって、このドラマに出てくる人たちはどんなに辛い道であろうともとても魅力的で、かつ羨ましく、逞しく映ります。学歴だけじゃない、やりたいことを懸命にやることこそが重要なのだと伝えてくれる作品です。人の為に生きるまた、このドラマに...この感想を読む

5.05.0
  • onigirionigiri
  • 27view
  • 1136文字

周囲の愛に包まれて、一つの道を極めた男の生き方

一人の男のただひたすらまっすぐな人生何をしても長続きせず、厄介者として親も手を焼いていた人間が、一口のカツレツに感動し、その道を極め、ついには天皇の料理番にまで上り詰めた話である。大正昭和を宮内省厨司長として勤め上げた男の史実に基づいたフィクションだ。目標を見つけてからそれを極めるためにあらゆる苦労をものともしない。ひたすらまっすぐ前を見続ける様は見ていて壮観で、尊敬を感じる。そしてそこには愛も描かれる。全ての場面において涙なしでは見られなかった。優秀な長男と比べられ、誰からも相手にされなかった人間が、ここまでのし上がるとは当時の人々は思わなかっただろう。だが、なりふりかまわぬその言動は、本人からしてみればただ自分がやりたいようにやっただけのような気がしてならない。まっすぐと前を向き、それにつき進む大切さを現代の人たちに伝えてくれる演出と、気迫のこもった演技だった。夫婦としての絆が物語...この感想を読む

4.54.5
  • sakanasakana
  • 32view
  • 2026文字

感想をもっと見る(4件)

天皇の料理番の登場キャラクター

宇佐美鎌市

性別:男 所属:華族会館 性格:神経質。 ポリシー:「料理は真心」 特徴:コック帽をかぶらない限り、その風貌は鉄火場の親分そのもの。 価値観:どんな料理も一切の手抜きをしない。 特技:外国人コックの元で鍛え上げた腕は天下一品 物語上での目的:篤蔵の最初の勤め先の華族会館厨房のトップで、篤蔵の料理人とし...

秋山篤蔵

年齢(作品時):16歳 性別:男 国籍:日本 住まい:福井県武生村 性格:好奇心旺盛なやんちゃ坊主。 “かんしゃく持ち" で、気持ちが入らないとでくの坊だが、気持ちが入ると驚くべき集中力を発揮する。

高浜俊子

キャラをもっと見る(4件)

天皇の料理番の名言

鍋もまともに洗えない奴が、まともな料理人になった試しがない

宇佐美鎌市

基礎ができていない者がプロになれるわけがない

教えないのはな、覚えないからじゃ。親切にもらったものより、てめえで必死になって、盗んだものの方が、人は大事にする。だから教えない

宇佐美鎌市

教えられたものよりも自分で学ぼうとするほうが自分の血肉になる

その日のことは、その日に終わらせないと、明日の段取りが狂う。小さな手抜きが大きな失敗になることがある

宇佐美鎌市

明日やろうはばかやろう

名言をもっと見る(7件)

天皇の料理番に関連するタグ

天皇の料理番を観た人はこんなドラマも観ています

天皇の料理番が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ