狭き門のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,321件

狭き門

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
3.50
設定
5.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
1

狭き門の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
3.503.50
設定
5.005.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

狭き門の感想

投稿する

文学美術作品としての名作

苦行による尊さ狭き門というタイトルの通り、誰でも楽に出来る事を選ばず修行僧の苦行と同じ狭き人生を選んだ者の物語です。人生にはいくつもの選択肢があり、楽な方に多くの者は流されてしまいます。そして、明らかに楽な方に流されてしまった者に他者は尊敬を頂かないと思います。しかし、苦しい方をあえて選んだ者は、愚か者と軽蔑される事も多くはありますが目的を持って自らを律する為に苦しい行いを選択した場合多くの他者は、その人の自らの選択に対して尊敬の心にかられる事があります。純潔という美意識本書では、純潔という現代社会では多くの人々に忘れられてしまった行為を追体験し、自分の穢れを認識する事ができます。純潔という行為を、人生を通して貫き通すという事は非常に難しく成人になっていれば、多くの場合誰もが想像できない崇高な行いで有る為、それを認識した際に感動が起きます。そして、その感動は美術作品を鑑賞した時と同じよ...この感想を読む

5.05.0
  • uuuuu5uuuuu5
  • 96view
  • 1082文字
PICKUP

狭き門に関連するタグ

狭き門が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ