千花ちゃんちはふつうのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

千花ちゃんちはふつう

4.004.00
画力
4.00
ストーリー
3.50
キャラクター
4.50
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

千花ちゃんちはふつうのあらすじ・作品解説

「千花ちゃんちはふつう」は、集英社の「別冊マーガレット」に1987年に連載された、くらもちふさこによる日本の少女漫画。単行本は全2巻刊行されている。 本作の主人公・千花(ちはな)の母親は、水商売に従事していたが、テレビにも出演する有名な大学教授と結婚した。千花は私生児であり、彼が初めての父親となる。父親の他に家政婦のシマさん、一才年上の義理の兄という三人の新たな家族と共に、千花は湘南の洋館で新しい生活を始める。お兄ちゃんのカイはかっこよくて頭脳明晰だが、何を考えているかわからないところがあり、実の父にも怖がられている。前の母が自殺した原因はカイにある、という話まで出るほどだ。しかし傍目には冷たい義兄の言動の奥底に、本当は親切な心があると、千花だけは感じている。 どこから見てもあまり「ふつう」ではない家族。しかし、ある出来事を契機として千花はカイと心をかよわせ、わずかに家族が「ふつう」になってゆく。

千花ちゃんちはふつうの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

千花ちゃんちはふつうの感想

投稿する

千花ちゃんちはふつうに関連するタグ

千花ちゃんちはふつうを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

千花ちゃんちはふつうが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ