もう1人の主人公マミ - イグアナの娘の感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 2,958件

イグアナの娘

4.004.00
画力
3.75
ストーリー
3.75
キャラクター
3.25
設定
4.25
演出
3.50
感想数
2
読んだ人
12

もう1人の主人公マミ

3.03.0
画力
2.5
ストーリー
2.5
キャラクター
2.5
設定
3.5
演出
2.0

目次

なぜマミのエピソードを入れたの?

「イグアナの娘」は約50ページの短編。作中では、主人公のリカが産まれて結婚し、子どもができるまでの割と長いスパンの時間が流れる。

加えて、この作品は娘を愛せない母ゆり子と母に愛してもらえない娘リカの苦悩がテーマになっている。また、作者も母親にスポイルされて育ってきた経験があり、内なる母から解放されるためにこの作品は作られたと言われている。

きっと作者は、エピソードを厳選してこの話を書いただろう。50ページしかないのだから、全てゆり子やリカにとって大事なシーンとなっているはず。

しかし、そうした貴重なはずの1ページがリカではなく、スポイルされていないマミの為に使われている。そのページとは、マミが彼氏を家に連れてきた時に、彼氏がリカのことを「美人な上に頭がいいんだ」と褒め、マミが「うそォ」と反応する。そして、場面転換して学校の進路相談で、マミは自分の学力ではH橋大学に入れないと言われ、ショックを受けるシーンのことである。

このシーンをきっかけに、マミはリカへの見方を変える。リカにとってはありがたいエピソードなのかもしれない。でも、テーマを踏まえて読んでみると、本当に必要なシーンとは思えない。

テーマを考えたら、母娘の確執をもっと強調すべきでは?

ゆり子とリカの苦悩がメインと言われているが、苦悩がはっきりと描かれているのはリカの幼少期のみ。リカの中学校時代に関しては何も描かれてない。高校時代はリカは自分をブスだと思い込んでいて、ゆり子からの呪縛はかろうじて感じられるが、ゆり子の苦悩など全く読み取れない。

中学・高校時代は親の価値観以外の価値観にも触れ、自立心が芽生えてくる時期じゃない?IQの高いリカのことだから、当然ゆり子の決めつけに疑問を持ち、自立しようとすると思う。ゆり子は、そうさせまいと一層支配力を高めようとするだろう。リカをもっと否定するかもしれない。

マミのリカへの見方が変わるシーンよりも、中高時代のゆり子とリカの確執シーンを入れたほうが、ラストのシーンが生きてくると思う。現状の話の流れを読む限り、リカは自...

感想の続きはこの作品を読んだ人だけ閲覧できます
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
ネタバレを含むため、作品を既に読んだ方のみ感想を閲覧することができます。

他のレビュアーの感想・評価

全ての娘たちへ

天才萩尾望都が母娘関係の本質を描くとこうなるこれを読んで何も感じない女性は果たしているだろうか?毒親という言葉がネットスラングではなく一般に浸透し、ワイドショーや雑誌でも母娘関係の葛藤が取り沙汰されるようになった昨今、自身の育った家庭環境の問題を自覚している人は読んですぐに涙腺を直撃され涙が止まらないだろうし、いわゆる友達親子を自認し、お母さんにはなんでも話せる!お母さん大好き!(そしてそんな自分が大好き!)な人でさえ、読了後何かしらの居心地の悪さを感じるだろうと思う。男性の場合、『イグアナの娘』を読ませても、恐らく女性よりは遥かに淡白な反応が返ってくることが多いだろう。余りにも生々しいこの作品の母娘像は、母娘問題の当事者にはなり得ない男性からすると、人ごとのように感じるかうっすらと嫌悪感を感じるかに大別されるように思う。しかしもし男性でこの作品を真っ向から受け止める気があるならば、此れ...この感想を読む

5.05.0
  • たまじろうたまじろう
  • 882view
  • 2150文字
PICKUP

関連するタグ

イグアナの娘を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

イグアナの娘が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ