黄金の石橋のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

黄金の石橋

4.004.00
文章力
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

黄金の石橋の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

黄金の石橋の感想

投稿する

宝探しの気分になれるわくわくミステリー

浅見光彦シリーズはルポライターで探偵の浅見光彦を主人公としたミステリーで、内田康夫の代表作です。この浅見は架空の人物にも関わらず、内田康夫の居住地である軽井沢には浅見のファンクラブとクラブハウスがあるくらい人気なんです。ドラマ化もされており、過去に辰巳琢朗、沢村一樹、速水もこみちさん等が浅見役を務めてきました。本作では、浅見がルポとして石橋の取材を依頼されるところが始まりですが、そのついでに2つの依頼が加わります。1つは藤田編集長から友人の娘の様子を見てくるようにという依頼で、もう1つは先生(内田康夫)からテレビドラマで浅見役を演じる絵樹卓夫の母親の相談にのってほしいという依頼でした。取材先で、浅見はお約束の事件に遭遇します。その1つが依頼であった友人の娘がらみの殺人事件。もう1つは、これも依頼であった絵樹の母親の相談事で、母親が脅迫されるという事件が起こりました。浅見は調査を進め、こ...この感想を読む

4.04.0
  • 100view
  • 532文字

黄金の石橋に関連するタグ

黄金の石橋が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ