正義のセのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,203件

正義のセ

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

正義のセの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

正義のセの感想

投稿する

小説「正義のセ」主人公の凜々子が検事をめざした理由とは?

小説「正義のセ」とは?阿川佐和子さんの小説「正義のセ」は、「正義のセ2」「正義のセ3」「負けるもんか 正義のセ」と繋がるシリーズの最初の作品です。それぞれの内容は主人公の竹村凜々子の検事としての勤務地で概ね区切られていて、「正義のセ」は凜々子が検事を目指すきっかけとなった小学校時代のエピソードと最初の勤務地のさいたま地検が舞台になっています。そこで担当した事件の話とか女検事仲間との語らいや妹の温子や家族との会話を中心に描かれているのです。淡々と緻密に積み上げられた知識を基に、読みやすい平易な文章で語りかけて来る作者阿川佐和子さんの女性目線の語り口に共感を憶える著作です。2011年に連載が始まり2013年に角川書店から単行本が発刊された小説「正義のセ」は、2018年4月からテレビドラマ化され現在放送中ですが、ここではドラマの内容もこの原作小説と対比する形で書き加えてゆきます。シリーズ1作目の「正義のセ」で...この感想を読む

5.05.0
  • にゃん太郎にゃん太郎
  • 10view
  • 3266文字
PICKUP

正義のセに関連するタグ

正義のセを読んだ人はこんな小説も読んでいます

正義のセが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ