書店ガールのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

書店ガール

4.004.00
文章力
4.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

書店ガールのあらすじ・作品解説

書店ガールは碧野圭による小説で、2015年の時点でシリーズ4作が出版されている。シリーズ1作目は「ブックストア・ウォーズ」というタイトルで出版されたが、文庫版の出版にあたりタイトルが変更された。文庫版はPHP文芸文庫から出版されている。 東京の書店を舞台に、書店の従業員であるふたりの女性を主人公として描いている。性格が合わないふたりの主人公が、ときには衝突しつつも力を合わせて職場の問題に立ち向かう。書店や出版社の人間模様を中心に、書店の仕事を描きながら登場人物たちの成長を描く作品である。架空の物語ではあるが、著者が持つ出版業界での長い経験に裏付けされた書店員の描写は現実の書店員からも共感を集めている。 「静岡書店大賞映像化したい文庫部門」で大賞を受賞したことをきっかけに、テレビドラマ化された。2015年、フジテレビ系列で放送され、主演は渡辺麻友と稲森いずみ。人物設定には原作と異なる点があり、ドラマ版独自の登場人物も用意されている。

書店ガールの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

書店ガールの感想

投稿する

書店ガールに関連するタグ

書店ガールを読んだ人はこんな小説も読んでいます

書店ガールが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ