ミスター味っ子のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

ミスター味っ子

4.004.00
画力
4.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
2

ミスター味っ子のあらすじ・作品解説

「ミスター味っ子」は、講談社の漫画雑誌「週刊少年マガジン」にて掲載されていた作品である。作者は寺沢大介で、講談社漫画賞少年部門を受賞している他、テレビアニメにもなっている。 主人公の少年・味吉陽一は中学2年生ながら、母親の法子と共に日之出食堂を営んでいる。その食堂は他界した父親の隆男から託されているもので、陽一が出す絶品のカツ丼は、初対面の日本料理で著名な村田源二郎も認めるほどである。村田は味皇とも称され、その村田に陽一が出会うことで、数々の料理人を相手に料理勝負で対戦を重ねることにより全国的にもその料理を認められるような人材となっていく。村田の料理人に向けるこだわりはただただ「味」の一点であり、その料理を突き詰めている料理人になら、歳も背景も全く気にすることなく愛情を持って受け入れている。ゆくゆくは、村田自身が陽一のライバルとして質の高い料理対決が繰り広げられることとなる。 パートIIは、その後に雑誌「イブニング」にて連載された。

ミスター味っ子の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ミスター味っ子の感想

投稿する

ミスター味っ子の登場キャラクター

味吉陽一

よみがな:あじよし よういち ニックネーム:ミスター味っ子 年齢(作品時):14歳 身長:154cm 性別:男 住まい:日之出食堂 性格:熱くなりやすい 趣味:ゲーム 特技:料理 癖:何かを企んでいると小鼻をピクピクさせる

ミスター味っ子に関連するタグ

ミスター味っ子を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ミスター味っ子が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ