とある科学の超電磁砲のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

とある科学の超電磁砲

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

とある科学の超電磁砲のあらすじ・作品解説

とある科学の超電磁砲は、原作の売上が2014年10月時点で1520万部以上の売上を出した鎌池和馬原作のとある魔術の禁書目録の外伝という位置づけで、原作は同じく鎌池和馬である。コミックは全10巻。アニメ化もされ、ストーリーにはアニメオリジナルを加え、TOKYO MX、テレ玉およびTBS系で2009年から2010年にかけて一期が、2013年に二期が放映されている。 学生が人口の8割を占める「学園都市」。そこでは学生を対象に超能力の実験開発がおこなわれていた。その頂点に立つ7人の「超能力者」の一人、「超電磁砲(レールガン)」の異名を持つ御坂美琴を中心に様々な事件に乗り込んでゆくストーリー。とある魔術の禁書目録が主に上条当麻視点から描かれているのに対し本作では、御坂美琴視点から描かれている。 アニメ版主題歌であるfripSideのonly my railgunは大ヒットを記録し、第15回アニメーション神戸賞主題歌賞を受賞した。

とある科学の超電磁砲の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

とある科学の超電磁砲の感想

投稿する

とある科学の超電磁砲の登場キャラクター

白井黒子

よみがな:しらいくろこ ニックネーム:くろこ 性別:女性 所属:常盤台生 性格:変態 特徴:お姉様が好き 趣味:お姉様とふれあう 特技:テレポート 癖:お姉様の匂いを嗅ぐ 物語上での目的:ジャッチメント

御坂美琴

黒妻綿流

とある科学の超電磁砲の名言

もう心に決めてますの。 自分の信じた正義は、決して曲げないと。

白井黒子

銀行強盗に能力を買われ、仲間にならないかと言われた返答の言葉

自信がないなら取り戻すまで、不安があるなら吹き飛ばすまで

白井黒子

大好きな人とのすれ違いで落ち込んだ時に、自分を励ますために言った言葉

居場所ってのは、自分が自分でいられるところを言うんだよ

黒妻綿流

行き場のない昔の仲間と対立した時に言い放った言葉

名言をもっと見る(5件)

とある科学の超電磁砲に関連するタグ

とある科学の超電磁砲を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

とある科学の超電磁砲が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ