惡の華のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

惡の華

4.004.00
画力
4.20
ストーリー
3.90
キャラクター
4.30
設定
4.40
演出
4.10
感想数
5
読んだ人
11

惡の華のあらすじ・作品解説

惡の華は、講談社・別冊少年マガジンに2009年から2014年にかけて連載されていた押見修造の描く日本の漫画。コミックスは全11巻が刊行されている。2013年4月から6月にはTOKYO-MX、テレ玉、チバテレビ、tvk、群馬テレビ、サンテレビ、KBS京都などでアニメが放送され、アニメは原作の絵とは違う、実写風のロトスコープを用いた作品となっている。 読書が好きで、ボードレールに傾倒する男子中学生の春日高男。彼は同じクラスの美少女の佐伯奈々子に密かに想いを寄せていた。ある日の放課後、誰もいない教室でほんの出来心から彼女の体操服を盗んでしまう。しかし、その様子をクラスの問題児・仲村佐和により目撃されてしまう。仲村からこのことをばらされたくなかったら要求に従うよう脅され、行動をともにすることになる。そんななか意外なきっかけで佐伯と付き合うことになる。恋心と罪の意識の間で矛盾に苛まれれ苦悩する青春物語。

惡の華の評価

総合評価
4.004.00
(5件)
画力
4.204.20
ストーリー
3.903.90
キャラクター
4.304.30
設定
4.404.40
演出
4.104.10

評価分布をもっと見る

惡の華の感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

惡の華の登場キャラクター

木下亜衣

よみがな:きのしたあい 性別:女性 国籍:日本 所属:ひかり市立南中学校2年1組→群馬県ひかり市 性格:気が強くややキツい ポリシー:潔癖 特徴:率先して場を仕切る 価値観:仲村を嫌い春日を軽蔑している 存在:女子のリーダー的存在 欠点:度量は広くないため、感情が表に出やすく取り乱しやすい面がある

常磐文

よみがな:ときわあや 性別:女性 国籍:日本 所属:みぎわ高校 性格:快活 特徴:男子に人気がある 趣味:文学好き 容姿:スタイルの良い美人 志望:小説家 ファン:島田荘司や筒井康隆のファン

佐伯奈々子

よみがな:さえきひなこ 性別:女性 国籍:日本 性格:真面目 ポリシー:保守的 特徴:周囲からはしっかりした優等生のイメージを持たれている 価値観:面では周囲の期待に迎合している自分の在り方に漠然とした虚しさを感じている 雰囲気:美少女かつおしとやかな雰囲気 悩み:自己不一致 家庭環境:裕福な家庭

キャラをもっと見る(5件)

惡の華に関連するタグ

惡の華を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

惡の華が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ