地雷を踏んだらサヨウナラのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

地雷を踏んだらサヨウナラ

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.50
音楽
3.50
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

地雷を踏んだらサヨウナラの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

地雷を踏んだらサヨウナラの感想

投稿する

カメラマン一之瀬泰三

アンコールワット遺跡の撮影を夢見てカンボジアに入国した戦場カメラマン一之瀬泰三の物語です。一之瀬泰三がカンボジアに入国したのは1972年、当時アンコール遺跡はクメール・ルージュの支配下にあり、近づくことはできませんでした。現在アンコール遺跡群は世界有数の観光地であり世界中から観光客が集まり治安の悪いイメージは薄れてしまいましたが、たった40年前のカンボジアはポル・ポト政権下にあり、何十万とも百万以上とも言われる国民が虐殺されるような時代でした。おそらく当時のアンコールワットを写真に収めるのは貴重なネタだったのでしょうが、映画が進むうちに一之瀬泰三が金儲けのためではなく、アンコールワットを自分の人生そのものと感じるように変化していくような気がしました。結局彼はクメール・ルージュに捕縛され殺されてしまうのですが、死ぬ間際に少しでもアンコールワットを見ることができたのでしょうか。今でもカンボ...この感想を読む

4.04.0
  • kokohanakokohana
  • 46view
  • 540文字

地雷を踏んだらサヨウナラに関連するタグ

地雷を踏んだらサヨウナラが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ