ゴジラVSビオランテのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

ゴジラVSビオランテ

5.005.00
映像
5.00
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
4.50
演出
4.00
感想数
1
観た人
2

ゴジラVSビオランテの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ゴジラVSビオランテの感想

投稿する

ドキッ!「ゴジラ」だらけの大乱戦!!ゴジラVSビオランテ

支配するのか、されるのか?驚きのG細胞本作のキーとなるのは、ゴジラの体の一部である「G細胞」。生物離れした不滅の生命力、人知を超越した力を発揮する怪獣王ゴジラ。その体を構成する「G細胞」は当初、砂漠でも根付く植物等の開発に活かすことが出来るのではないかとされていました。しかし、そのG細胞をめぐり、産業スパイやテロリストが暗躍します。彼らがG細胞を狙う理由、それはG細胞の大きな特色の一つ、「放射能の無力化」にありました。G細胞には、核エネルギーを食物とするバクテリアが存在しており、これを利用することにより核兵器を無効化してしまう生物兵器、「抗核エネルギーバクテリア(ANB)」の生成が可能となるのです。映画劇中でも、産業スパイやテロリストらの壮絶なG細胞争奪戦が描かれます。しかし、G細胞の本質はそこではありませんでした。G細胞の驚くべき本質。それは「あらゆる生物を乗っ取ってしまう浸食性」にありました。仮に...この感想を読む

5.05.0
  • イガグリイガグリ
  • 88view
  • 2025文字
PICKUP

ゴジラVSビオランテに関連するタグ

ゴジラVSビオランテが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ