πのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

πの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
3.753.75
脚本
4.754.75
キャスト
4.504.50
音楽
3.003.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

πの感想

投稿する

πの真実、多くの人が理解されていない!その真実とは

天才学者、引きこもりになりやすいその理由この映画の主人公は、天才数学者です。自宅に 、施錠を欠けるほど、社会との交流を出来るだけ避けながら生活を行っています。ただし、生活を行って行かなければならないため、天才数学者には、悪の組織の様な人達からの ハッキングのためのプログラムなどを提供されています。 天才学者の脳は、右脳の働きが活性化しやすいと言われている場合があるでしょう。右脳は、並列処理型の脳であり、左脳は、一つ一つの物事組み立てる直列処理型の脳と言われています。天才は、自分なりの中で物事を一瞬で処理する力がある一方、 言葉を上手く組み立てれない場合もあるのです。 社会の多くは、一つ一つ、物事を処理していく傾向も高く、天才は、社会に適応できなくなってしまう可能性もあるのです。 この映画内で、少ない人間関係において、心を開ける近所の女の子がいます。女の子は、よく、電卓を持って天才数学者に、難...この感想を読む

5.05.0
  • 月代月代
  • 8view
  • 2022文字
PICKUP

πに関連するタグ

πが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ