水玉ファブリックのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,135件

水玉ファブリック

4.254.25
画力
4.25
ストーリー
4.50
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
4.00
感想数
2
読んだ人
2

水玉ファブリックのあらすじ・作品解説

「水玉ファブリック」は、白泉社の「LaLaスペシャル」2006年8月号に掲載された、林みかせの漫画作品である。 林みかせは2001年にデビューし、2004年には白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者省を受賞している。その他の作品として、「地球行進曲」「青色図書館」「君とひみつの花園」などがあげられる。 この作品の主人公は、かわいい洋服が大好きな、背の高い女子高生、深瀬頼。普段は制服を着て高校に通っているが、私服登校の日に、好きな男の子に、「その背でかわいい服似に合わない」と言われ大ショックを受ける。それがトラウマになり、背の高さもかわいい洋服も大嫌いになってしまう。ある日、友達に連れていってもらった、かわいい洋服を売っている店で、その店のオーナーにスカウトされ、ショーのモデルをすることになるというストーリーである。 この作品は2007年1月に単行本が刊行され、「星に願いを」「導きの杖」「杣木さん家の恋愛事情」が同時に収録されている。

水玉ファブリックの評価

総合評価
4.254.25
(2件)
画力
4.254.25
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

水玉ファブリックの感想

投稿する

珠玉の短編集、読み切りではなく連載にしてほしい

弱いわたしを認めることから始めよう「水玉ファブリック」林みかせ先生、初めての短編集です。女の子の不安な気持ちが全部出ています。大好きな人に大好きなかわいいお洋服を変だと言われた瞬間、頼の世界が反転した。自信なんてないのに勇気を出して着てきた洋服が変だと言われたら、悲しい気持ちでいっぱいになります。それがコンプレックスになって胸につき刺さって取れないのもわかる気がします。頼は、日頃から私たちが不安に思ったりしていることそのものです。そんなときに洋服店のオーナーからモデルにならないかと言われた。20万円のディスプレイの椅子を壊したから、仕方がないと言えば仕方がなかったのかもしれませんが、自信なさげに参加するのが頼らしくていいです。傷つかないでいい方に自分を向かわせるのは、自己防衛力が働いていて自分を守る体制に入っているからだと思います。傷ついてまで勝ち取るものに意味を見いだせない。「きっと...この感想を読む

3.53.5
  • ひろひろ
  • 86view
  • 2781文字
PICKUP

水玉ファブリックに関連するタグ

水玉ファブリックを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

水玉ファブリックが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ