エルム街の悪夢のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,679件

エルム街の悪夢のあらすじ・作品解説

1984年制作のホラー映画『エルム街の悪夢』は、名作に数えられる80年代ホラーの金字塔の1本。 この作品の公開以降、ファンタジー要素を取り入れたホラー映画が増えたという点でもエポックメイキングな作品といえる。 夢の中に現れる鉄の爪の怪人に捕まると現実でも死んでしまうというシンプルな設定を特殊効果満載でこれでもかと怖がらせてくれる作品。 監督のウェス・クレイブンは一部でのみ名を知られるカルト的な監督だったが、この作品の評価を受けて一躍メジャーに躍り出てマスター・オブ・ホラーとまで呼ばれるようになった。 当時無名のヘザー・ランゲンカンプをはじめとする出演者たちもこの作品をきっかけにブレークしていき、その中でもやはり当時無名のジョニー・デップが出演しているのはこの映画の密かな楽しみのひとつといえる。 3作目ではやはり当時無名のパトリシア・アークエットが出演しており、以降若手有望株の登竜門的なシリーズになっている。

エルム街の悪夢の評価

総合評価
4.634.63
(4件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.634.63
音楽
4.384.38
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

エルム街の悪夢の感想

投稿する

夢か現か・・・?

主人公となるヒロインなどは高校生です。同じ高校の友達やボーイフレンドもいるのですが、その中で夢で同じ恐怖体験をしていることが話題になります。そこでは手に独特の鋼の爪のついた手袋をつけた男が、自分らを襲撃してくるのです。それが原因で不眠症になりかけてるヒロインでしたが、ある時夢の中で受けた傷が現実にも残っていたり、同じ仲間が現実で殺されたりとパニックになっていきます。そこで母親から聞かされたのがかつえ実在した殺人鬼フレディでした。内容は語るまでもなくホラーの古典となった作品です。もはやフレディクルーガーは世界的にキャラクターとして認知されていますね。実際にこの第一作は今見ても十分に怖いです。映像の古さは問題になりません。子供の頃はイヤホンで聞いていてかなり映画世界に入っていて怖かったのを覚えています。ラストはギャグっぽくそれでいて怖いオチがついていてこの辺はアメリカ映画らしいと思いました。この感想を読む

4.04.0
  • yukigenoyukigeno
  • 59view
  • 399文字

感想をもっと見る(4件)

エルム街の悪夢の登場キャラクター

フレッド・クルーガー

よみがな:ふれっど・くるーがー ニックネーム:フレディ 身長:173㎝ 体重:70㎏ 性別:男性 性格:冷徹で残忍。人々の恐怖を力の源にしている。 特徴:火傷で顔が赤くただれている。赤と緑の横縞セーター、茶色の中折れ帽、右手には鉄の鉤爪を装着している。夢に現れ被害者を弄び、残忍な方法で殺害する。 価値観:...

エルム街の悪夢に関連するタグ

エルム街の悪夢が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ