ウエスト・サイド物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ウエスト・サイド物語のあらすじ・作品解説

ウエスト・サイド物語は、1961年にユナイテッド・アーティスツの配給で製作された、ロバートワイズとジェローム・ロビンスの両監督によるアメリカの青春映画である。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材にしたブロードウェイのミュージカルを映画化した作品で、主演の2人をナタリーウッドとリチャード・ベイマーが演じている。 この作品は、ニューヨークのウエストサイドを舞台に、対立する2つの不良グループ「ジェット団」のリーダーの親友トニーと、「シャーク団」のリーダーの妹マリアが、ダンスパーティーで出会い、恋に落ち、争い合う仲間たちの中で、叶わぬ恋に悪戦苦闘する姿を描いている。 1961年に第34回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、助演女優賞、監督賞など、10部門を受賞したほか、同年に第19回ゴールデン・グローブ賞の作品賞、助演男優賞、助演女優賞を受賞、さらに、同年1961年には、ニューヨーク映画批評家協会賞の作品賞を受賞するなど、高い評価を受けている。また、2002年にはリバイバル上映もされている。

ウエスト・サイド物語の評価

総合評価
4.254.25
(6件)
映像
3.923.92
脚本
4.254.25
キャスト
4.254.25
音楽
4.674.67
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

ウエスト・サイド物語の感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

ウエスト・サイド物語に関連するタグ

ウエスト・サイド物語が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ