愛と哀しみのボレロのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

愛と哀しみのボレロのあらすじ・作品解説

愛と哀しみのボレロは、1981年に公開されたクロード・ルルーシュ監督によるフランス映画で、同年のカンヌ国際映画祭でフランス映画高等技術委員会賞を受賞するなどの評価を受けた作品である。 第2次世界大戦前から1960年代にわたって、4人の人物とその家族・周囲の人間の物語を描く群像劇であり、戦争を挟んだ個々の人生がパリ、モスクワ、ニューヨークなどを舞台に世界規模で複雑に錯綜する構成となっている。劇中の4人の人物は、ロシア人バレエダンサーのルドルフ・ヌレエフ、世界的指揮者のカラヤン、音楽家のグレン・ミラー、シャンソン歌手のエディット・ピアフなどいずれも実在の人物をモデルとしている。 登場人物の個々の人生が最後のバレエのチャリティ公演へと向かって収束していき、公演においてジョルジュ・ドンが演じるバレエの演目「ボレロ」によって大団円を迎える様は圧巻である。20世紀バレエ団の芸術監督でもあったジョルジュ・ドンは、この作品によってファン以外の一般にも名を知られるようになった。

愛と哀しみのボレロの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

愛と哀しみのボレロの感想

投稿する

愛と哀しみのボレロに関連するタグ

愛と哀しみのボレロが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ