アンナ・クリスティのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アンナ・クリスティ

3.503.50
映像
4.00
脚本
3.50
キャスト
5.00
音楽
3.50
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

アンナ・クリスティのあらすじ・作品解説

アンナ・クリスティは1930年にアメリカで公開された作品である。アメリカの劇作家、ユージン・オニールの戯曲を映画化した作品で、監督は6度のアカデミー賞ノミネート経験のある実力派監督クラレンス・ブラウンが手掛けている。 同作においてもアカデミー賞の監督賞にノミネート、加えて、作品としても主演女優賞、撮影賞にもノミネートがされた。 石炭船の船長クリスの娘、アンナが物語の主人公となっており、彼女の過去と父親との関係、旅路の中で出会った青年マットととの切ない恋愛模様が描かれている。石炭船の船長のクリスは農園に預けていた娘、アンナと15年ぶりに再開することとなる。再開後、幸せな暮らしをしていたが、ある日、父親クリスが運転をする船に1隻の船が漂流するその中にはマットという青年が乗っており、この出会いをきっかけにアンナとマットは惹かれあう事となる。しかし、アンナの壮絶な過去を知る事となり、マットとの関係は上手く行かず、離れ離れになる。しかし、再び再開する事となり、二人ははれて結ばれる事となる。

アンナ・クリスティの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
5.005.00
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

アンナ・クリスティの感想

投稿する

アンナ・クリスティに関連するタグ

アンナ・クリスティが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ