哀愁のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

哀愁のあらすじ・作品解説

哀愁(Waterloo Bridge)は、1940年に公開されたマーヴィン・ルロイ監督のアメリカ映画。原作はアメリカの劇作家であるロバート・E・シャーウッドの同名作で、ロバート・テイラーとヴィヴィアン・リーが主演を務めた。配給はメトロ・ゴールドウィン・メイヤー。 第一次世界大戦中のイギリスを舞台に、ウォータールー橋で出会ったイギリス軍大尉のロイ・クローニン(ロバート・テイラー)と踊り子のマイラ・レスター(ヴィヴィアン・リー)との哀しくも美しい恋模様を描いたラブロマンス映画である。 北米で125万ドル、その他海外でも121万ドル以上の興行収入を記録した大ヒット作品。日本でも1949年に公開され、1953年には舞台を日本に映したリメイク作「君の名は」が公開されるなど、日本にも大きな影響を与えた。また、主演の1人であるヴィヴィアン・リーは後年、自身が出演した映画の中で最も好きな作品として本作を挙げたとも伝えられている。

哀愁の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

哀愁の感想

投稿する

哀愁の登場キャラクター

ロイ・クローニン

よみがな:ろい・くろーにん 国籍:イギリス 所属:イギリス軍将校大尉 性格:誠実 特徴:誠実でありながらスマート 母:マーガレット 恋人:マイラ アイテム:ビリケン人形 婚約者:マイラ 故郷:スコットランド

哀愁に関連するタグ

哀愁が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ