ゴールデン・デイズのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,123件

ゴールデン・デイズ

5.005.00
画力
4.50
ストーリー
5.00
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
2

ゴールデン・デイズの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

ゴールデン・デイズの感想

投稿する

少年の心の成長と幸せを願う物語

祖父の未練が残った大正時代へタイムスリップする浪漫譚祖父とバイオリンが好きだった主人公・光也(みつや)が、入院中の祖父に願いを託され、病院の階段から落ちた拍子に大正時代へタイムスリップする所から、この物語は始まる。すでに第1話で、光也が過保護すぎる母親と仲が良くないこと、大好きだったバイオリンを惹かなくなった理由、祖父から託された願いなど、今後の物語に大きく関わってくる要点を大体抑えているので、この時点でもう世界観の虜になり、目が離せなくなってしまう。大正時代に来てしまった光也は、当時16歳の祖父=慶光(よしみつ)とそっくりな容姿をしていたため、親友である仁(じん)に慶光だと勘違いされてしまうが、幸か不幸かそのおかげで大正時代を生きるための拠点と支えを手に入れることになる。また、同じくタイムスリップで大正時代にやってきた光也の幼馴染である慶(けい)も加わり、どうして慶光が、光也と慶を大正時...この感想を読む

5.05.0
  • こどねりこどねり
  • 576view
  • 1844文字
PICKUP

ゴールデン・デイズの登場キャラクター

春日仁

よみがな:かすがじん 血液型:O型 性別:男性 国籍:日本 所属:春日伯爵の孫 特徴:イタリア人と日本人のハーフ 価値観:自身の出生に否定的 外見:緑色の瞳、赤茶の髪を持つ 生い立ち:春日の祖母や一部の使用人から迫害されて育つ 武器:護身用の拳銃を携帯している

相馬光也

よみがな:そうまみつや 血液型:B型 性別:男性 国籍:日本 特徴:一時はプロのバイオリニストを目指していた 誕生日:11月29日生まれ 髪型:ストレートの黒髪を肩まで伸ばしている 学年:高校1年生 過去:2歳の頃に誘拐された過去を持つ 母:過保護

相馬慶光

よみがな:そうまよしみつ ニックネーム:ナイト(騎士) 血液型:AB型 性別:男性 国籍:日本 特徴:相馬子爵家の長男 癖:野なかの薔薇のバイオリン演奏をいつも同じ所で間違えてしまう癖を持つ 誕生日:5月15日 両親:3歳の頃に両親を交通事故で亡くした 現在:入院中

キャラをもっと見る(5件)

ゴールデン・デイズの名言

人生は誰にとっても辛い 誰にとっても平等にです ――"負けるな"乗り越えろ" "神からの挑戦と受け取って戦え" …幸福はその先であなた達を待っているんですよ?

相馬慶光

過去のトラウマによりバイオリンを弾くことができない光也に祖父の慶光が諭すように言う言葉

人と人が世界中で関わり合い なにもかも この世の事象は全てそうして起こる それが降り積もって歴史になって行くんだ 他人の人生を歪ませずに生きて行ける人間なんて いないんだよ

春日仁

自分のせいで人の人生が狂うかもしれないと怯える光也を仁が諭すシーンの言葉

周囲の人間が自分の理想通りに動くなんてこと期待するのは怠惰な話だぜ

春日仁

大切なことを話してもらえず蚊帳の外にされたと憤る光也に言った言葉

名言をもっと見る(5件)

ゴールデン・デイズに関連するタグ

ゴールデン・デイズを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ゴールデン・デイズが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ