DTエイトロンのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

DTエイトロン

5.005.00
映像
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
5.00
声優
5.00
音楽
5.00
感想数
1
観た人
1

DTエイトロンのあらすじ・作品解説

「DTエイトロン」は、1998年4月から11月までの約半年間(全26話)、フジテレビ系列で放送されたアニメである。当時としては珍しい、深夜に放送された作品であったが、野球延長等の影響を受けるなど、放送時間は頻繁に変更された。本作のキャラクターデザインは、放送当時一世を風靡した人気麻雀ゲーム「スーパーリアル麻雀」のキャラクターデザインを手がけた「田中良」氏である。 あらすじは、感情を抑制された少年少女達が暮らすドーム都市(データニア)に住む少年(シュウ)は、海への憧れという感情を持ち始め、データニアを脱出する。データニアを無事脱出したシュウが外の世界で出会ったのは、アンドロイド(エイトロン)を操るレジスタンスの少年少女達であった。本作の最終回は、主要登場人物の一人である(フィア)以外のメンバーが、波にのまれて生死不明(本編で明確な死亡描写なし)になるという衝撃的な内容で、当時のアニメファンの議論の対象になったのである。メディアミックス展開として本作を題材にした漫画版(全1巻)が存在する。

DTエイトロンの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
5.005.00
声優
5.005.00
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

DTエイトロンの感想

投稿する

DTエイトロンに関連するタグ

DTエイトロンを観た人はこんなアニメも観ています

DTエイトロンが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ