天久鷹央の推理カルテ IIIのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

天久鷹央の推理カルテ III

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.50
設定
3.50
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
2

天久鷹央の推理カルテ IIIの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.504.50
設定
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

天久鷹央の推理カルテ IIIの感想

投稿する

女性が活躍する本格ミステリー

本作は、2016年7月ついに累計30万部を突破した超人気メディカル・ミステリー、天久鷹央シリーズの第3巻になります。作者は『仮面病棟』など病院を舞台とした作品を数多く生み出してきた知念実希人。東京慈恵会病院を卒業後、内科医として勤務している現役医師という珍しい経歴をもつ小説家です。さて、理系のミステリーといえば、東野圭吾のガリレオシリーズや森博嗣のS&Mシリーズが日本では知られています。どちらもファンが多い作品ですが、その探偵役にフォーカスを当てて人気の秘密を考えてみました。ガリレオこと湯川学は帝都大学理工学部物理学科准教授、S&Mシリーズの犀川創平も国立N大学の助教授。不可解な問題があると寝食を忘れてしまうほどの集中力を発揮する反面、周りが見えなくなることも多くあり、二人ともいわゆる「変人」で「天才」として描かれています。そして「変人」の探偵役には必ず常識的なワトソン役が付きもの。これら二つ...この感想を読む

4.04.0
  • ayanemqnayanemqn
  • 59view
  • 2234文字
PICKUP

天久鷹央の推理カルテ IIIに関連するタグ

天久鷹央の推理カルテ IIIを読んだ人はこんな小説も読んでいます

天久鷹央の推理カルテ IIIが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ