ベクシル 2077日本鎖国のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,467件

ベクシル 2077日本鎖国

3.803.80
映像
3.00
ストーリー
4.00
キャラクター
3.00
声優
5.00
音楽
5.00
感想数
1
観た人
1

ベクシル 2077日本鎖国のあらすじ・作品解説

ベクシル2077日本鎖国は、2007年に公開されたCGのアニメ映画である。監督は曽利文彦、脚本は半田はるかと曽利文彦。声の出演は、ベクシル・セラ 役は黒木メイサ、レオン・フェイデン 役は谷原章介、マリア役は松雪泰子、サイトウ役は大塚明夫。 21世紀初頭、バイオ技術やロボット産業で大きな発展を遂げ、世界の市場を独占していた日本。しかし国際連盟はそれらの危険性を指摘して、厳格な国際基準を設けた。このことに大きく反発した日本は、ハイテク技術を駆使した完全なる鎖国を決行する。その後、10年間日本を知る外国人はいなかったが、アメリカの特殊部隊「SWORD」が日本に潜入して調査をすることになる。 SWORDの女性隊員であるベクシルの目を通して鎖国後の日本を描き出し、戦っていく作品である。 「マトリックス・リローテッド」を手がけたポール・オークンフォールドが音楽を担当し、主題歌も海外アーティストに負けない歌唱力を持つ minkを起用するなど、海外展開を視野に制作が行われた。

ベクシル 2077日本鎖国の評価

総合評価
3.803.80
(1件)
映像
3.003.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
3.003.00
声優
5.005.00
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

ベクシル 2077日本鎖国の感想

投稿する

フルCGによるアニメ作品はゲームのような印象

フルCGアニメの意欲作今後、こういったアニメ作品が増えてくるものなのでしょうか。正直な感想ですが、ゲームのオープニング映像をそのままアニメ作品にした印象が強く、ガッカリさせられます。普通にアニメ作品として、制作した方が面白かったのではないか、と思います。またキャラクターの表情描写も違和感があります。制作スタッフも分かってやっており、意欲的に挑戦する姿勢をもって制作に取り組まれていることは間違いないと思います。その心意気は立派だと感じますし、新しいチャレンジがなくて、新しいジャンルは創造できないものでしょう。今のCG技術で、どこまでのアニメ作品が作れるのであろう、ということに真摯に向き合った結果なのだと思います。しかし、この取り組みで明確になったことは、今のCG技術による描写では、アニメ作品の描写に及ばないという事実だったのではないでしょうか。しかし、この10年ほどでCGの技術も進化して...この感想を読む

3.83.8
  • つくもつくも
  • 10view
  • 2091文字
PICKUP

ベクシル 2077日本鎖国に関連するタグ

ベクシル 2077日本鎖国を観た人はこんなアニメも観ています

ベクシル 2077日本鎖国が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ