警部補・古畑任三郎のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

警部補・古畑任三郎

5.005.00
映像
4.50
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
4.50
演出
4.00
感想数
1
観た人
4

警部補・古畑任三郎の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
4.504.50
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

警部補・古畑任三郎の感想

投稿する

新しい見せ方を確立した刑事ドラマ

古畑任三郎は三谷幸喜脚本、田村正和主演のフジテレビ系で放送された刑事ドラマである。まず古畑任三郎のこれまでの刑事ドラマと違う点は、冒頭のシーンにおいて、犯人がわかってしまう点だ。普通の刑事ドラマは、殺人事件が起きて誰が犯人かわからない段階で捜査を始め、徐々に犯人にたどり着く演出方法をとる。しかし古畑任三郎の場合、犯行の全容を最初に見して、古畑がどの時点で、犯人がわかっていたのかを見せる演出方法をとっている。これは今までにない新しい見せ方である。他にもトリックを見破ったきっかけを説明するところで、古畑にピンスポットを当てて視聴者に話しかける演出も新しい点だ。あと、個々のキャラクターも際立っていて、古畑任三郎はさることながら、西村雅彦演じる、いつも古畑に頭を叩かれている、今泉慎太郎のおっちょこちょいぶりや、毎回名前を覚えてもらえない小林隆演じる、向島音吉、第3シリーズから登場するアリtoキリギ...この感想を読む

5.05.0
  • yamakojiyamakoji
  • 24view
  • 785文字

警部補・古畑任三郎の登場キャラクター

古畑任三郎

警部補・古畑任三郎の名言

この世の中に死んでいい人間なんてひとりもいません

古畑任三郎

古畑任三郎が、殺人をした犯人の弁論に対して言った言葉

警部補・古畑任三郎に関連するタグ

警部補・古畑任三郎を観た人はこんなドラマも観ています

警部補・古畑任三郎が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ