Nのためにのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

Nのために

4.554.55
映像
4.40
脚本
4.67
キャスト
4.35
音楽
4.18
演出
4.53
感想数
4
観た人
9

Nのためにの評価

総合評価
4.554.55
(4件)
映像
4.404.40
脚本
4.674.67
キャスト
4.354.35
音楽
4.184.18
演出
4.534.53

評価分布をもっと見る

Nのためにの感想

投稿する

Nのためにを観て

Nのためにを観て率直に思った感想はとにかく静かでミステリアスなドラマということ。タイトルのNのためにとはどういう意味か最初は分からなかったが、回を追うごとにわかってきた。登場人物全員の名前のイニシャルにNがはいっている。みんながそれぞれのNのために嘘をつき行動していく姿がとても切なく、ときにはどうなるんだろうと興味を与えてくれるドラマ。脚本が湊かなえさんということで始まる前から期待していたドラマだったが期待通りのドラマになっていて、ドラマを見終わった後には本を買いに行き原作を読んでさらに深く理解することができた。榮倉奈々が演じる杉下をはじめとする様々な人間関係が描かれていて、ドラマにコメディ要素は一切なくそれぞれの人物の思いが複雑に交錯しているのでとても頭を使うドラマだった。回によっては何度も見直さないと理解できない時もあっておもしろさを感じることができた。私はあまり静かで悲しさが溢れるド...この感想を読む

4.44.4
  • kiykiy
  • 199view
  • 514文字

ドラマ「Nのために」ラストの衝撃よりも1話目のインパクトが強い!

最初から原作を知っているわけでもなく、ましてやドラマ化され放送されることも知らずに1話放送時にたまたまチャンネルが合っていて、私はなんの関心もなく携帯をいじりながら見ていたのですが、そんななんの期待もしていない状態から結果から言うと最終回までかかすことなく毎週金曜10時が待ち遠しくなるほどはまりました。初めは豊かで美しい島で育った榮倉奈々さん演じる杉下希美と窪田正孝さん演じる成瀬慎司が幼なじみで初々しい高校時代が描かれていたのですが(二人とも高校生時代をなんの違和感なく演じてました。まずそこに驚きますが)裕福な家庭で育った希美ちゃんのお父さんのおこす突然の行動で一気に地獄にたたきおとされます。おかげて私はお父さん役だった光石研さんの印象が強すぎてそこから別の作品で見かけても希美ちゃんのお父さんにしか見えなくなりました。さらに怖かったのは山本未来さん演じるお母さんですが・・・セレブママから一...この感想を読む

4.54.5
  • ennaenna
  • 63view
  • 703文字

誰しもが愛情と哀しみを持っている

高校生から20代までを演じきった榮倉奈々さんはすごい!けど、ちょっとムリがあるかな??とは思いつつ、素晴らしいドラマだと思います。放送中は早く次回が見たい!!と夢中になったし、放送が終わってからもアレはどういうことだっけ…と思い出してしまいます。原作が湊かなえさんということで、ちょっと重いミステリーなんだろうなと思ってましたが、主人公ののぞみの明るくて前向きなキャラクターや、ユーモアのあるシーンもありました。けれどやはり印象的なのは、登場人物たちが各々に持っている影でした。なおこの異常な愛情、西崎のトラウマ、安藤の嫉妬、それが交錯する事件当時のシーンはドキドキものでした。そして同時に全員が誰かのために、愛するNのために、行動していたという造りがすごいなーと思います。ドロドロしたものが渦巻いているはずなのに、どこか美しいように見える、そんなシーンでした。一視聴者として、のぞみが幸せになること...この感想を読む

4.84.8
  • 142142
  • 36view
  • 539文字

感想をもっと見る(4件)

Nのためにの登場キャラクター

成瀬慎司

よみがな:なるせ しんじ 年齢(作品時):22歳 性別:男性 国籍:日本 所属:T大学4年生 特技:将棋 出身:瀬戸内海の青景島 実家:料亭『さざなみ』 父:成瀬 周平 母:成瀬 慎司

杉下希美

よみがな:すぎした のぞみ 年齢(作品時):22歳 性別:女性 国籍:日本 住まい:野バラ荘 所属:K大学4年生 趣味:将棋 出身:瀬戸内海の青景島 弟:杉下 洋介 同級生:成瀬 慎司

安藤望

よみがな:あんどうのぞみ ニックネーム:あんどう 年齢(作品時):23歳 性別:男 国籍:長崎県千早島 住まい:野バラ荘 性格:ポジティブ ポリシー:合理主義 価値観:上昇志向 好きな食べ物:お酒、肉

キャラをもっと見る(5件)

Nのためにの名言

下は見ない 上を見る

杉下希美

希美が落ち込んでも自分を奮い立たせて前向きになろうとしているシーン

苦労はね、忘れるのが一番。

野原兼文

野バラ荘の管理人であるおじいちゃんと杉下とのシーンで、杉下の過去に体験した辛い出来事に対する(解放された)言葉に対して、おじいちゃんが返す言葉。

一緒にいない? ただ、一緒に。

成瀬慎司

末期ガンになったことで1人でホームに入ろうとしていたのぞみに成瀬君がまた島に帰ろうと誘う最後に近い場面。

Nのためにに関連するタグ

Nのためにを観た人はこんなドラマも観ています

Nのためにが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ