梅ちゃん先生のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

梅ちゃん先生

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
4.00
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

梅ちゃん先生の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

梅ちゃん先生の感想

投稿する

元気になれるドラマでした

医者にも色々いるよねものすごいドジっ子でおっとりな女性が無事に医者になれたわけですけど、正直こんな医者にみてもらいたかないねってみんな思ってたんじゃないですかね。風邪とかさ、頭痛とかさ、すりむいちゃったとかさ、たいしたことない病気ならかわいくて優しいお医者さんでいいかもしれないけど、ほんとに?って疑っちゃうかもね。なんていうか保健室の先生ならいいかもですね。結局町医者になったわけで、重病は大きな病院へどうぞってなるわけで人安心だけど。命にかかわらない系の病院にいたら話してるだけで癒される~って思います。いまさら幼馴染?ノブと結婚となったときはびっくりしましたね。ベタな漫画っぽい展開ですが、さんざん男女意識せず大きくなっといて急に恋愛対象になるもんでしょうか。恋愛対象になったわけではないのかな。結婚は2番目に好きな人とするのがいいという言葉がありますが、それと似たようなものなのかな。好き...この感想を読む

4.04.0
  • みかんまろんみかんまろん
  • 32view
  • 1074文字
PICKUP

梅ちゃん先生の登場キャラクター

下村梅子

よみがな:しもむらうめこ ニックネーム:梅ちゃん先生 生年月日:1929年(昭和4年)5月5日 性別:女性 国籍:日本 住まい:蒲田 性格:ドジでそそっかしく勉強が苦手だが、明るく世話好き。 演じ手:堀北真希 人生の信条:花が春一番に咲き、みんなに希望を与えている『梅』のような人になれる 息子の名前:太郎、新

立花陽造

よみがな:たちばな ようぞう 性別:男性 国籍:日本 性格:ざっくばらん 演じ手:鶴見慎吾 結婚相手:神崎珠代 戦争直後の仕事:闇市のブローカー 結婚時期:1962年(昭和37年)11月 気が合う人:坂田医師 役柄の設定:建造の実弟で梅子の叔父

安岡信郎

よみがな:やすおかのぶお 性別:男性 国籍:日本 住まい:結婚後下村家に同居 性格:血気盛ん ポリシー:後継者として自覚を持つ 特徴:梅子の幼馴染 価値観:父と価値観が違い衝突していた 物語上での目的:工場を大きくすること 苦手な事:勉強

キャラをもっと見る(4件)

梅ちゃん先生の名言

人は死ぬとき、何かやらかした後悔するよりやらずに済ましちまったことを後悔するらしいぞ。

立花陽造

主人公梅子が無理して仕事をしようとする信郎を止めようとする。その2人のやりとりを見ていた陽造の助言。

悪いところも見た上で、その人のことを好きっていうのが、本当の好きっていうこと

下村梅子

好きっていうのがどういうことなのかを語っている一言

梅ちゃん先生に関連するタグ

梅ちゃん先生を観た人はこんなドラマも観ています

梅ちゃん先生が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ