私の救世主さまのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

私の救世主さま

3.003.00
画力
3.00
ストーリー
3.00
キャラクター
3.00
設定
3.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
1

私の救世主さまのあらすじ・作品解説

「私の救世主さま」は、2002年2月号から2004年4月号まで「月刊少年ガンガン」で連載された、水無月すうによる漫画作品である。その後、連載が「月刊Gファンタジー」に移籍し、その際にタイトルが「同名~lacrima~」と改められている。コミックスはスクウェア・エニックス社より全13巻刊行されている。 水無月すうのその他の作品としては、「そらのおとしもの」「SEVENOCEAN」大好きです!!魔法天使こすもす」などがあげられる。 この作品の主人公は、内気で気弱な少年の弓樹真弥。幼いころに両親と妹を飛行機事故で失いトラウマになっている。その他の登場人物としては、心優しい巫女である春儚、天然ボケな少女の夢衣、冷静沈着な女性の氷刃、頭の良い幼女のタルタルなどがあげられる。 冴えない高校生の弓樹真弥の前に突然謎の美少女の春儚があらわれる。真弥は「あなたが異世界のセレスティアを救う救世主だ」と告げられるというストーリである。

私の救世主さまの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
画力
3.003.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.003.00
設定
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

私の救世主さまの感想

投稿する

主人公が救世主を目指すのだろうけれど

ガンガン連載時にたまたま見たところが面白く感じて、1巻を購入してみたものです。異世界、特殊能力、ファンタジーと言ったところでしょうか。主人公の真弥は眼鏡で地味で目立つタイプではなかった。そんな彼の下駄箱に女の子からと思われる手紙があり、中には屋上へ来てほしいと書かれていた。ラブレターと期待して屋上へ向かうと春儚という女の子に本を手渡される…。何と言いますか、私がガンガンで見たところと違い、出だしがこうだとわかっていたら正直、手には取らなかったであろう作品でした。基本的にスカッとするものが好きなので、主人公がうじうじしすぎていたり、ピンチに親友が助けに来てくれなかったり、自分を犠牲にしてでもそんな主人公に仕えようとする女の子だったり、いろんなものに苛々してしまいまして、辛い一冊でした。話の進みも「なんでここでこうなる!?」という唐突さがあり自分の好みではありませんでした。しかし、ハーレム...この感想を読む

3.03.0
  • 小猫小猫
  • 62view
  • 468文字

私の救世主さまに関連するタグ

私の救世主さまを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

私の救世主さまが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ