ラスト・フレンズのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,048件

ラスト・フレンズ

4.254.25
映像
3.63
脚本
4.00
キャスト
4.13
音楽
3.88
演出
3.88
感想数
4
観た人
11

ラスト・フレンズのあらすじ・作品解説

『ラスト・フレンズ』は2008/04/10~06/19に毎週木曜日に放送されたCX系ドラマである。 長澤まさみ(主演)、上野樹里、瑛太、水川あさみ、関ジャニの錦戸亮らが出演しており、DV、性同一性障害(性違和感症候群)、同性愛、セックス恐怖症など、様々なデリケートな社会問題を盛り込んだ話題作で、それぞれの悩みを抱えた若者達がシェアハウスでの生活を通じ前向きに生きていくストーリーとなっている。 扱った題材、旬な若手俳優達の競演、主題歌は宇多田ヒカルなどが話題要素となり、先の読めないストーリー展開が回を重ねるごとに視聴率を上げ、最終回は22.8%まで上昇(初回は13.9%)、平均視聴率17.7%を記録した。また、雑誌ザテレビジョン『第57回ドラマアカデミー賞』で作品賞、助演男優賞(錦戸亮)、助演女優賞(上野樹里)など6冠を達成した。特に、親友に想いを寄せる性同一性障害(診断結果は性違和感症候群)に悩むモトクロス選手を演じた上野樹里は、視聴者のみならず業界関係者からもその演技力を高く評価された。

ラスト・フレンズの評価

総合評価
4.254.25
(4件)
映像
3.633.63
脚本
4.004.00
キャスト
4.134.13
音楽
3.883.88
演出
3.883.88

評価分布をもっと見る

ラスト・フレンズの感想

投稿する

ラストがどうしても受け入れられない。

問題がないことの方が珍しいルカはミチルが好きで、同性愛者です。ミチルは自己肯定感が低いです。ソウスケは虐待の連鎖。タケルは実姉による性的虐待による女性不信。エリは不倫しちゃうし、オグリンは自分に甘い。問題がない人はいないと思います。特に若いうちはいろんなことに悩みますし、喉に刺さった小骨のような小さな悩みで頭がいっぱいになります。とにかく悩みます。でもこのドラマの登場人物たちが抱えている問題は随分とヘビーです。リアルタイムで観ていましたが、当時学生だった私は一人暮らしの友人をうらやましく思っていました。時々お泊まりをさせてもらって、それこそワンルームに大人数で集まり、雑魚寝をしたのを覚えています。ドラマの彼らと同じではないですが、似たような環境がより一層登場人物たちに感情移入させ、また抱えている問題の深刻さを除けば、幼少期から少なからず自分が体験したことのある環境もあったため、放送日は...この感想を読む

4.54.5
  • 紫
  • 171view
  • 2059文字
PICKUP

愛?

歪んだ愛恋愛すると、独占欲が出てくるもの。それは好きの証。でもそれは時として愛する故に相手を苦しめる過重な愛情になってしまう。妬きもちと束縛や心配の具合が難しい。自分の愛情を押しつけるのは真の愛情じゃないと思う。相手の幸せを思い引く1歩も最大の愛情なんじゃないかと・・・気付かされた作品でした。縛り付けて居なきゃ居られないのは、信頼と自身の余裕の無さ。同じ愛情なのに歪んでしまうと悲しい結果になるんだな、と改めて考える時をくれた作品でしたね。親しい仲にも礼儀あり最初は微笑ましい恋愛ドラマだったのに・・・見ていくうちに心中複雑になる。不思議たな感覚に陥って。こんなに愛される幸せさと、愛され方の矛盾に気付いちゃう。友達が心配する中で今の現状が以上だと、DVだと気付いて居ながらも・・・自を思う気持ちゆえの事だと思うと周りの注意を理解しながらも、不思議と離れられない慣れて行く怖さの麻痺。体験した事あ...この感想を読む

4.04.0
  • はなはるはなはる
  • 27view
  • 1014文字

錦戸亮の熱演ぶりで話題を奪ったストーリー

シェアハウスというものがだんだん浸透し始めた頃の男女の関係を描く物語。しかし単純なものではなくて、一人一人が影を背負ってここで暮らし始めます。この作品で、当時話題となったのは、錦戸亮演じるDV男の演技のリアルさ。あまりの熱演に、ジャニーズファンから悲鳴が上がったほど。実際のDV被害者にも、本物に近い演技と称された程でした。DVから逃げてきた長澤まさみ演じる美知留が逃げてきたシェアハウスには同性愛者の瑠可を演じる上野樹里恋多き女性で奔放な不倫をするエリを演じる水川あさ。姉に怯え女性恐怖症になるタケルを演じる瑛太。シェアハウスには心に苦しみを持った者同士がわかりあえる絆がだんだん生まれていきます。そしてお互いを理解していくうち、傷つき合いながら、性同一性障害や性的暴行を理解していきます。エンディングには衝撃的なことが次々と起こり、本当に目が離せません。切なげなメロディーは宇多田ヒカル「Priso...この感想を読む

4.04.0
  • ロデムロデム
  • 19view
  • 512文字

感想をもっと見る(4件)

ラスト・フレンズの登場キャラクター

及川宗佑

よみがな:おいかわそうすけ ニックネーム:宗佑 年齢(作品時):24 性別:男性 性格:頭脳明晰で誰に対しても優しく接する 特徴:自分の思いどおりにならない状況になると些細なことから美知留に対しDVを受けさせるようになる 物語上での目的:再び美知留が自分の元に戻るように 過去:幼少期に母親に捨てられ、その...

滝川エリ

ニックネーム:エリー 年齢(作品時):22歳 性別:女性 住まい:シェアハウスの住人 所属:契約制客室乗務員 性格:サバサバとした性格で、楽しいこと・面白いことが好きなムードメーカー。 特徴:セックス依存症 価値観:掴み所の無い個人主義者でもあり、言いたいことは本音をハッキリ言う。 物語上での目的:ケガを...

水島タケル

年齢(作品時):22歳 性別:男性 住まい:元々一人暮らしをしていたが、シェアハウスに引越してくる。 所属:ヘアメイクアーティストの仕事の傍ら、夜はショットバー「Funny Fly」でバイトをしている。 性格:誰に対しても心優しく温和で人当たりが良い性格。 特徴:他人の表情・心情を敏感に感じ取る。 価値観:自...

キャラをもっと見る(5件)

ラスト・フレンズの名言

ごめんね。君の笑顔が大好きだったのに、笑わせてあげられなくて、ごめんね。愛し方が分からなくてごめんね。

及川宗佑

恋人を苦しめたくない思いで自殺した宗佑。その後恋人によって見つけられた、遺書の中のワンフレーズ。

ラスト・フレンズに関連するタグ

ラスト・フレンズを観た人はこんなドラマも観ています

ラスト・フレンズが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ