ドラゴン桜のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

ドラゴン桜

3.833.83
映像
3.55
脚本
3.73
キャスト
4.08
音楽
3.63
演出
4.27
感想数
4
観た人
10

ドラゴン桜のあらすじ・作品解説

ドラゴン桜は、2005年7月8日から同年9月16日までTBS系「金曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマです。 原作は週刊モーニング(講談社)で連載された三田紀房作の人気コミックで、主役を阿部寛が務め、2015年時点で平均視聴率16.4%、最高視聴率20.3%を記録したヒット作です。 三流弁護士であったが自分のある野望を達成するために、偏差値36の高校を日本一のエリート校へと生まれ変わらせようと動き出す阿部寛演じる桜木健二と、将来に希望を持てない山下智久ら演じる生徒たち、そして桜木のやり方に反発する長谷川京子演じる英語教師の井野真々子が織りなす「東大受験」をテーマにした学園ドラマです。 2005年10月14日には「特別編」として『「ドラゴン桜」東大受験マル秘テクニック総伝授SP』が放送されました。 コミックのドラマ化により、本作のモデルとされている人物から関連書が相次いで発売され、また既刊書籍にも主人公のイラストをあしらった帯が巻かれるなどして影響が及ぼされました。

ドラゴン桜の評価

総合評価
3.833.83
(4件)
映像
3.553.55
脚本
3.733.73
キャスト
4.084.08
音楽
3.633.63
演出
4.274.27

評価分布をもっと見る

ドラゴン桜の感想

投稿する

リアリティーに欠ける

16時間って…夏合宿の時間割表…それを見た時少しばかりの衝撃が走った「1日16時間勉強」綿密に立てられたその円グラフのスケジュールはいささか無理なものに感じられたのだ。何故なら私も限界に挑戦したことのある人間だから。私も大学受験を志すものであるからもちろん高校2年生から少しばかり受験勉強というものを始め、3年生では本腰を入れて勉強した。その前、高校1年生の頃にはドラゴン桜を見ていたがその時は何も思わなかったのに自分が受験生となってはっきりと分かった。"16時間は無理だ"ということ。たしかに元々私は東京大学にそもそも興味を抱かなかったため、別の有名難関国立大学を目指していた。その差はあるにせよ16時間は無理である。人間の限界というものを感じる。私はそういった実体験を踏まえて考えてしまうのでなかなかリアリティにかけるのでは?と考えてしまった。その成績から東大?このドラマを見たことがある人は違和感を感じ...この感想を読む

3.53.5
  • けみまけみま
  • 129view
  • 2066文字
PICKUP

ドラゴン桜を観て

この作品は今では実力派俳優、女優として活躍している方々が名を連ねている。阿部寛をはじめ、山下智久、小池徹平、長澤まさみ、新垣結衣などそうそうたるメンバーの若い頃の演技が見れてそこも注目ポイントの1つだと思う。馬鹿な生徒たちが東大に合格するまでの物語で、その中での葛藤だったり人間関係が描かれていて面白かった。最初この作品を観たきっかけは出演者が豪華だったからという理由だったが回を重ねるごとに内容のほうが気になってきている自分がいた。僕は原作も読んだことがあるのだが、原作とドラマでは大きく内容が異なっていてそれも逆に新鮮でよかったのではないかと思う。誰が東大に合格するのか。それが、最大の注目ポイントだったが合格したのは3人のみだった。でも山下智久演じる矢島は東大に合格したが、入学はせずに弁護士を目指すことになったのはほんとにびっくりしたし男らしさに感動した。不合格だった2人もまた1年勉強して来...この感想を読む

4.84.8
  • kiykiy
  • 279view
  • 513文字

今人気の俳優女優が出演!!

最初このドラマを見たときはやまぴーしか知らず、しかも金髪で今までにない役柄だなと思って興味津々に見ていたら幼馴染の長澤まさみちゃんがいたり、同級生には小池徹平くんや今人気の俳優女優さんがたくさん出ていて、幼馴染役の長澤まさみちゃんとのシーンは羨ましいと思うところがたくさんありました。長澤まさみちゃんの役が母子家庭でお母さんが小料理屋で働いてることから1人で抱えて、橋のところでやまぴーに思わず思いを伝えるところはすごいキュンキュンして見てました!やまぴーの彼女役は新垣結衣ちゃんであのガッキーがケバい化粧をしてるのも今思うと衝撃だし、そういう青春の中で勉強して東大を目指すってのがすごく憧れがありました。勉強法とかも耳に残るようなことが多くて今でも、英語の覚え方とかは覚えてる気がします!ダンスをしながらやってたのが印象的でした。やまぴーが段々先生たちに心を許していくところも、最後合格発表で先生...この感想を読む

3.03.0
  • ねこ娘ねこ娘
  • 35view
  • 553文字

感想をもっと見る(4件)

ドラゴン桜の登場キャラクター

桜木建二

よみがな:さくらぎけんじ ニックネーム:けんじ 身長:189㎝ 体重:75kg 性別:男 国籍:日本 所属:桜木法律事務所所長 性格:サバサバしている ポリシー:元暴走族だが、東大に合格した。しかし弁護士の道を選んだ 価値観:龍山高校の先生をやる 物語上での目的:東大に5人合格させると言い切り合格に向けて問題児達と...

柳鉄之介

よみがな:やなぎ てつのすけ 性別:男性 国籍:日本 特徴:多数の東大合格者を出してきた 価値観:勉強は人の真似をすることから始まると考えている 癖:一番成績の悪い生徒には「バカ」の鉢巻をつけさせる モットー:「詰め込みこそ最大の教育」 別名:東大数学の鬼 職業:数学講師 信念:自分の考えは正しい 昔:「柳...

小林麻紀

よみがな:こばやしまき 性別:女性 国籍:日本 所属:龍山高校 特徴:コギャル 価値観:容姿にあまり自信がない 物語上での目的:来年も受験する決意をする 志望:アイドル 肩書き:現役東大生の肩書きを持ちたいと思っている 受験:不合格

キャラをもっと見る(7件)

ドラゴン桜の名言

バカとブスこそ、東大へ行け!

桜木建二

コンプレックスを持っている者こそ学力をつけるべきである

素のままの自分からオリジナルが生み出せると思ったら大間違いだ。創造するってことは、まず真似ることから始まるんだ。

柳鉄之介

主人公の桜木建二が自分の恩師で「東大数学の鬼」と呼ばれた柳先生を連れて来る。そこで柳先生から「東大入試が終わるまで、問題を解いて解いて解きまくれ、計算マシーンになれ」と言われた生徒たちが「俺たちは人間だ。機械だとかマシーンみたくなれって言われたくない。型にはめるみたいなことを言われるとムカつく」と反発したときに、柳先生が竹刀を振りかざし言った言葉です。

社会のルールは頭のいい奴の都合のいいように つくられているんだ!

桜木建二

桜木健二が高校生に勉強の意義を教えている

名言をもっと見る(5件)

ドラゴン桜に関連するタグ

ドラゴン桜を観た人はこんなドラマも観ています

ドラゴン桜が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ