愛なんていらねえよ、夏のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

愛なんていらねえよ、夏

5.005.00
映像
5.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
3

愛なんていらねえよ、夏のあらすじ・作品解説

「愛なんていらねえよ、夏」は日本の連続テレビドラマである。2002年7月12日から同年9月13日にかけて、TBS系列の「金曜ドラマ」枠(毎週金曜日の22時~22時54分)にて放送されていた。全10話である。 金だけを信じて生きてきたやり手のホストクラブ経営者・白鳥レイジと、愛情を知らずに育った大富豪の娘で盲目の少女・鷹園亜子。愛を信じない2人が出会い、互いの存在をまっすぐに見つめていくことで、自分が知らなかった「愛」という感情を認識していく純愛ラブストーリーである。 白鳥レイジを演じる渡部篤郎が役作りのために髪を丸めた他、明るくピュアな演技が多かった広末涼子が頑なに心を閉ざした鷹園亜子を演じたことが話題になった作品。また、歌舞伎町のナンバーワンホスト・芥川奈留を藤原竜也、亜子の馴染みの喫茶店のマスターをサザンオールスターズの野沢秀行、歌舞伎町の借金取りを森本レオとTIMのゴルゴ松本が演じるなど、個性的なキャスティングでも注目を浴びた。

愛なんていらねえよ、夏の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

愛なんていらねえよ、夏の感想

投稿する

より濃厚な夏休み

ちょっとしたトリック最終話をみたときに、「だから渡部篤郎か!」と衝撃が走りました。内容もさることながら、この最後の衝撃が忘れられない作品です。別に、なんで渡部篤郎なんだろうと疑問を感じていたわけではないのですが、最後に、この人が一番ぴったりだったんだなーって「わー。わー。」と一人で感動してしまいました。誰でも少しはそう思ったんじゃないかな。声や話し方が特徴的でないといけなかったんですね。まあ、いけなくはないんですけど、個性があったほうがよりいい。このラストを通して、亜子にとってどれほどレイジが特別なのかが、より深く刺さってきました。見えなくても間違わないことが彼女の自信にもなり安心にもつながっていたのだと思います。そして、見えても間違わないことが、彼女の勇気を支えていたのだと思います。見えなかったものを見るのには覚悟がいったはずですから。ラストを見るまでは、藤原竜也が渡部篤郎の口真似を...この感想を読む

5.05.0
  • なかがわみきなかがわみき
  • 364view
  • 2986文字
PICKUP

愛なんていらねえよ、夏に関連するタグ

愛なんていらねえよ、夏を観た人はこんなドラマも観ています

愛なんていらねえよ、夏が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ