相棒のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

相棒

4.804.80
映像
4.40
脚本
4.80
キャスト
4.50
音楽
4.40
演出
4.70
感想数
5
観た人
13

相棒のあらすじ・作品解説

相棒は、水谷豊主演の刑事ドラマである。土曜ワイド劇場で単発ドラマ3作が放送された後、2002/10/9~2002/12/25に連続ドラマとしてSeason1が放送され、以後シリーズ化されている。放送はANBである。 「警視庁の陸の孤島」「人材の墓場」と称される特命係に所属する、水谷演じる変人刑事杉下右京が、数々の難事件を解決していくストーリーとなっている。基本的には1話完結のストーリーだが、2~3話かけて1つの事件を扱うこともある。 杉下の相棒役は、単発ドラマ~Season7第9話までは寺脇康文演じる亀山薫、Season7最終話~Season10最終話までは及川光博演じる神戸尊、Season11初回~Season13最終話までは、成宮寛貴演じる甲斐亨、Season14初回からは、反町隆史演じる冠城亘がそれぞれ務めている。Season7第10話~Season7第18話までは、杉下1人、あるいは他の刑事と協力する形で捜査を行った。

相棒の評価

総合評価
4.804.80
(5件)
映像
4.404.40
脚本
4.804.80
キャスト
4.504.50
音楽
4.404.40
演出
4.704.70

評価分布をもっと見る

相棒の感想

投稿する

みんなが楽しめる刑事ドラマ

どこから見ても楽しめる毎回犯人が違うのでその回ごとに楽しめるので、初めて見る人とでも見ることの出来る気軽さと私のような相棒ファンだと隣の刑事課の方の特命係を気にする仕草や、角田課長のカップや右京さんの持ち物などセットや細かい演技まで見てしまうさりげないこだわりが誰に話すわけでもなく、自分で楽しめるのがいいです!例えドラマを見れなくても、次週の話がわからなくてイライラしたり見る気が無くなったりしてしまうことがないのもプレッシャーがなく心から楽しめる一つです。かと言って、見れなかった時は少しへこみますがね(笑)。恋愛ものだと感情移入し過ぎて自分のテンションまで左右されるので疲れる、ミステリーだと一気に解決まで見ないと気になって仕方がなくなってしまうなどストレスになるのが苦手な私には最高にニーズにマッチしている作品で、見れば見るほどハマるのが相棒です。個性あふれる愉快な仲間たち右京さん自身が...この感想を読む

5.05.0
  • レオママレオママ
  • 9view
  • 1987文字
PICKUP

物理学者と猫

毎週欠かさず観ているドラマですが今回のは特に面白かった。猫をゲージに入れてから次にゲージを開けたときに猫が「生きている世界」「死んでしまっている世界」と二つの世界が存在している。9時20分を境に色々なドラマ世界が展開され、どれが現実なのか異世界なのか次々とドラマは展開する。物理学者の死亡事件によって、後輩による他殺か旦那による他殺か自殺なのか、色々なパターンのドラマが展開され、復讐による事件が未遂に終わるかどうかのドラマもあり、一時間のはずが二時間くらいの見ごたえもありましたし、最後の自殺の場合の考察が長ければ映画に匹敵すると思います。一番意味深い「RT」キーワードに、自殺ということが右京刑事によってすぐに結論ついた。右京刑事の自殺と即決だったのがあっけなさ過ぎて面白かったです。結局事件は自殺、堀井准教授が殺人や殺人未遂を犯すことなく終わり、「RT」が、知子先生がいなくなった今、右京刑事の言葉...この感想を読む

4.54.5
  • くみくみ
  • 9view
  • 546文字

やっぱり亀山薫がいい!

今や平日の15:48から再放送されている相棒ですが、これまでさまざまな相棒がいました。水谷豊演じる杉下右京をはじめ、寺脇康文演じる亀山薫、ミッチー演じる神戸尊、成宮くん演じる甲斐とおる、現在反町隆史演じる冠城さん。色んなキャストが、杉下右京をサポートしてきましたが私はやっぱり亀山薫がいい!あの熱い心に魅了されますね!スポーツやってきたからかわかりませんが、ああいう熱い心には、すごく弱いです(笑)その後のキャストさんもよかったのですが亀山薫が長かったためか、なんだか物足りない。神戸さんはクールな相棒、甲斐さんは、熱い心を持っていましたが、亀山さんには劣り…(;_;)冠城さんは、クスッと笑える部分もあれば謎な雰囲気を持つ相棒ですね。唯一今回の相棒の冠城さんは、今までとは少し違う職種での相棒なので、新鮮味があってそれもそれで楽しいですけども(^-^)あとは、「暇かっ?」が口癖の課長や、六角精児さん演じる米沢さ...この感想を読む

5.05.0
  • ゆかしゆかし
  • 18view
  • 505文字

感想をもっと見る(5件)

相棒の登場キャラクター

亀山薫

よみがな:かめやま かおる 生年月日:1966年7月23日 年齢(作品時):36歳 性別:男 性格:根が真っすぐな正直者のお人好しで、熱血漢 特技:運動、昆虫についての知識 好きな食べ物:コーヒー 嫌いな食べ物:ヒジキ、あんぱん 出身地:新潟県 妻:亀山美和子 出身大学:城東大学法学部法学科

米沢守

よみがな:よねざわまもる ニックネーム:ヨネ 血液型:B型 身長:173cm 性別:男 国籍:日本 所属:警視庁警察学校教官 巡査部長 趣味:落語・アナウンサーオタク・ギター・ゲーム・鉄道オタク 好きな食べ物:カップラーメンに入れるほどの マヨネーズ好き 物語上での目的:定年退職後 小料理屋を開く

奥寺美和子

よみがな:おくでらみわこ 生年月日:1970年11月12日 年齢(作品時):32歳 性別:女 国籍:日本 所属:帝都新聞社会部(のちに退社) 性格:さばさばした性格で、気が強い 職業:新聞記者(のちにフリージャーナリスト) 恋人:亀山薫(のちに結婚) 出身校:城東大学

キャラをもっと見る(6件)

相棒の名言

もしも限界があるとするならば、それは諦めた瞬間でしょう

杉下右京

諦めなければ限界はない

相棒に関連するタグ

相棒を観た人はこんなドラマも観ています

相棒が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ