あたしンちのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,465件

あたしンち

4.634.63
映像
4.63
ストーリー
4.63
キャラクター
4.63
声優
4.63
音楽
4.63
感想数
4
観た人
8

あたしンちのあらすじ・作品解説

「あたしンち」は、2002年4月19日から2009年9月19日にかけてテレビ朝日ほかで放送された。監督は初回から5回までが大地丙太郎で第9回からはやすみ哲夫が監督となった。けらえいこの原作による日常コメディ作品で最高視聴率は14.7%、平均視聴率は12.5%という良い視聴率あげている人気作品である。 この作品の物語は、「父」「母」「みかん」「ユズヒコ」の4人で構成されている家族「タチバナ家」の日常生活を題材にしたアニメである。この4人のほかにもたくさんのキャラが登場している。 2003年12月6日には、テレビ朝日開局45周年を記念として母とみかんが入れ替わってしまうという物語の劇場版も公開された。2010年11月13日には、映画第2弾として母が超能力を使えるようになったというストーリーで3D映画化された。この映画は公開から2日間で興収2212万6300円、動員数は2万4853人という記録を出した。

あたしンちの評価

総合評価
4.634.63
(4件)
映像
4.634.63
ストーリー
4.634.63
キャラクター
4.634.63
声優
4.634.63
音楽
4.634.63

評価分布をもっと見る

あたしンちの感想

投稿する

かわいいトラブルメーカ?のおかあさんが憎めない

新聞の連載から読んでいて好きになった作品です。アニメになって更に楽しめた作品です。おかあさんとみかんのやり取りを見ていると多くの母娘はあるある!と思う人も多かったと思います。庶民的で決して美人でもなく不器用なおかあさんには見てる人も愛情がわいてきます。おかあさんの独自のルールにはびっくりするものもあって楽しめます。クールなゆずひこやお父さんも、印象は薄いですが活躍するストーリーもそれぞれあって飽きさせないです。アニメ化して思ったことは、効果音がよく考えて作られているなと思いました。どこの家庭でもあるような題材をおもしろおかしく表現している点が人気の理由だと思います。ストーリー中におかあさんが良く歌う「情熱の赤いバラ~♪」は印象に残っていますが、これはフルバージョンもつくられたということで話題になりました。おかあさんは家の中では常に強気なんだけど、外では意外としおらしかったりとかわいらし...この感想を読む

4.04.0
  • ありすありす
  • 20view
  • 507文字

感想をもっと見る(4件)

あたしンちの登場キャラクター

よみがな:ちち ニックネーム:お父さん 年齢(作品時):40代後半くらい 身長:165cm 性格:非常にめんどくさがりであるうえに大雑把な性格なくせに他人のくつを片方間違えてはいて帰るなどいいかげん 特徴:丸い眼鏡が特徴 趣味:パチンコ 癖:口癖は「知らん」 好きな食べ物:サーティーワンのロッキーロード 出身地...

立花ユズヒコ

よみがな:たちばなゆずひこ ニックネーム:ユズ・ユー・ユーちゃん・ユズピ・ヒバリちゃん 年齢(作品時):中学2年生 身長:約155cm 所属:野球部 性格:常に人目を気にする 趣味:音楽鑑賞と読書 癖:指をポキポキ鳴らす 好きな食べ物:サッポロ一番の味噌ラーメン[2]。バナナしるこ 好きな異性:アイドルの丸野丸美 ...

しみちゃん

よみがな:しみちゃん ニックネーム:しみちゃん 年齢(作品時):高校一年生 性別:女 国籍:日本 所属:みかんと同級生 性格:あねごはだ 特徴:タラコ唇 特技:ダイエット 癖:眉間に皺を寄せる

キャラをもっと見る(8件)

あたしンちの名言

いいか、女房は戦友だ 戦友っていうのはな、そいつのためなら命を張れるってことだ

親戚のカッちゃんの結婚式でスピーチをする父。 このときスピーチを書いたメモを母が忘れ、結局酔っ払った父が母を引っ張ってきて親戚のカッちゃんにこの台詞を言う。(台詞は一部分)

俺は歩ける。というより歩いてきた。結婚してからずーっとこいつと歩いてきた。辛いときも苦しいときも、ずっとこれからも、20年でも30年でもずーっとだ!

父親戚のカッチャンの結婚式のスピーチで、カッチャンに向けた挨拶。

不思議だよね~どうしてトキメキって時間がたつとなくなるのかね?

立花みかん

みかんはおしいれ整理で、昔好きだった芸能人のグッズを、もういらんな、と思いみんな捨ててしまったときの一言。

名言をもっと見る(4件)

あたしンちに関連するタグ

あたしンちを観た人はこんなアニメも観ています

あたしンちが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ