キャンディ キャンディのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,474件

キャンディ キャンディ

4.834.83
映像
4.50
ストーリー
4.83
キャラクター
4.83
声優
4.83
音楽
4.50
感想数
3
観た人
4

キャンディ キャンディのあらすじ・作品解説

「キャンディキャンディ」は、東映アニメーションが制作し、1976年から1979年にかけて、テレビ朝日系列で放映されたアニメ作品である。 漫画版は、1975年から1979年にかけて、講談社の少女漫画雑誌「なかよし」に連載されている。 孤児の少女である主人公のキャンディが、その境遇に負けずに前向きに生きていく姿を描いたもので、アメリカおよびイギリスを舞台としている。漫画版とともに、大ヒット作品となり、外国へも輸出されヒット作となっている。また、アニメにおける主題歌も大ヒットとなった。 欧米が舞台となったのは、当時はやっていた学園モノではなく、欧米の名作小説のように長く読まれる作品を作りたいという企画者の思惑があったからである。そのため、外国では、日本の作品であるということが認知されないまま大ヒットしたという状況もある。 しかし、大ヒット作であるが故に、原作者と漫画家の間で著作権問題が生じ、再放送ができない事態ともなっている。

キャンディ キャンディの評価

総合評価
4.834.83
(3件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.834.83
キャラクター
4.834.83
声優
4.834.83
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

キャンディ キャンディの感想

投稿する

いがらしゆみこといえばこれでしょう!

当時の少女達に大人気私がキャンディキャンディをテレビアニメで観ていたのは幼稚園の年長児の頃だった。いつもポニーの丘を楽しそうにピョンピョンと飛び跳ねて駆け回っているおてんばという設定のキャンディの姿が印象的であった。アードレー家へ養女として引き取られたキャンディがアンソニー、ステア、アーチという王子様のようなお金持ちのアードレー家の息子達から優しくされて、特にアンソニーから愛されていく頃から、このキャンディキャンディは爆発的な人気になったのではないか、という記憶がある。アードレー家でどんなにいじめられても明るく頑張るキャンディを視聴者はかわいそうに思いながら応援しながら観ていた。イライザ、ニールという意地悪兄弟のいじめに耐えるキャンディを周りの使用人、アンソニー、ステア、アーチ、丘の上の王子様は優しくしてくれ、彼らと一緒にいる時の明るく素顔のキャンディを観て私もホッとしていた。エンディ...この感想を読む

5.05.0
  • himeaihimeai
  • 290view
  • 2028文字
PICKUP

明かされる謎と、いつまでも謎のままの謎が混在する

ありがちな孤児という設定なのに、オリジナリティにあふれるキャンディキャンディは、赤ん坊のころに捨てられた孤児だ。寂しい境遇ながら誰よりも、誰よりも明るく元気なためみんなに愛される。このような孤児の設定は、もう定型といっていいほど使い古された設定だ。孤児なのに明るく愛されるとい設定も、「アニー」や「赤毛のアン」などの少女向けのお話でよく登場する。しかし、そんなありがちな設定なのに、ありふれた感じはない。また、新しい話として感じられるのは、周りを固める登場人物が個性豊かで、現実味のあるキャラクターであることも大きいだろう。また、ストーリーがこれでもかというほどの、たくさんの謎を秘めているせいだろう。キャンディキャンディは、実は大人なドラマかもしれないキャンディキャンディは、少女の好きなものがたくさんつまったアニメだ。例えば、キャンディキャンディとい名前。ありそうでなかった、かわいい名前だ。...この感想を読む

4.54.5
  • あらいくまあらいくま
  • 257view
  • 2007文字

笑顔が心に残る物語

笑顔がポイントポニーの家から始まる主人公の運命は、すさまじくドラマチックです。そのストーリーの魅力をさらに引き上げているのはキャンディのキャラクターでしょう。アニーやスザナのような女の子らしさ120%という女子をそばに配置することで、おてんばで、明るさ、辛抱強さ、ユーモアがあり、男子と対等に付き合える、という彼女のキャラクターはますます目立つようにできています。そしてそこにとびきりの笑顔という魅力が加わる背景には、丘の上の王子様に言われたフレーズが彼女の生きていく上での重要なキーワードになっていることが分かります。だからこそ次々に待ち受ける過酷な運命を受け入れなくてはならない場面でキャンディが涙をこらえる姿が、より鮮明に映り、見る人の心を打つのだと思います。アニメの主題歌のサビ部分でも「笑ってー笑ってー」と繰り返されますし、「その笑顔を忘れずに」というセリフが、大事なエンディングシーン...この感想を読む

5.05.0
  • いちごだいふくいちごだいふく
  • 277view
  • 2005文字

キャンディ キャンディの登場キャラクター

キャンディス・ホワイト・アードレー

よみがな:きゃんでぃ・ほわいと・あーどれー ニックネーム:キャンディ 国籍:アメリカ 性格:お転婆で天真爛漫 特徴:そばかす鼻ペチャ 特技:木登りと投げ縄 憧れの人:丘の上の王子様 育ったところ:孤児院「ポニーの家」 職業:看護師 親友:アニーとパティ ペット:クリン

ウィリアム・アルバート・アードレー

ニックネーム:アルバートさん 性別:男性 所属:アードレー一族の総長 性格:キャンディを影から支えるナイトのような青年 特徴:初登場時は茶髪でヒゲを生やし、サングラスをかけた浮浪人の姿。 次は動物園に勤務する青年の姿で登場(ヒゲはそり落とす。)、戦争に志願して記憶喪失になり、キャンディが勤務する病...

ローズマリーブラウン

生年月日:57年5月7日 年齢(作品時):35歳 血液型:O型 身長:165 星座:牡牛座 性別:女性 国籍:フィンランド 性格:穏やか 特徴:透明感 癖:眉毛を動かす。

キャラをもっと見る(7件)

キャンディ キャンディの名言

花は散ってより美しく咲き 人は死んで 人の心により美しく永遠によみがえるのよ

ローズマリーブラウン

アンソニーの母が病床の淵でアンソニーに贈った言葉。私は死んでも貴方の中で生き続ける、とキスと共に捧げた母の愛

運命はね 人からもらうものじゃないんだよ じぶんの手できりひらくものなんだ

ウィリアム・アルバート・アードレー

アンソニーを亡くした悲しみでいっぱいのキャンディにさりげなく投げかけた言葉

彼が死んだことを悲しまないで。 彼という素晴らしい少年と巡り会えたことを喜ぶんだ

ウィリアム・アルバート・アードレー

アンソニーを亡くして悲しいキャンディーにアルバートさんがかけた言葉

名言をもっと見る(7件)

キャンディ キャンディに関連するタグ

キャンディ キャンディを観た人はこんなアニメも観ています

キャンディ キャンディが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ