平賀百合子 - MASTERキートンのキャラクター

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 2,986件

MASTERキートン

5.005.00
画力
4.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.70
設定
4.50
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
7

平賀百合子のプロフィール

本名平賀百合子
よみがなひらがゆりこ
年齢(作品時)初登場(1巻)で中学生
性別
国籍日本
住まい両親が離婚後、母親と暮らす
所属初登場(1巻)時、ミッションスクール遺愛女学園
性格父親に似てお節介焼き
特徴壊されそうな遺跡、退学になりそうな同級生を救うためによくプラカードを掲げデモに参加する
人助けのためなら、その人がもういいですと言っていようと、とことん突き進みお手伝いしてしまう
物語上での目的危険なバイト(調査員)をし、定職を持たない父親を心配し監視、見守る

MASTERキートンの他の登場キャラクター

MASTERキートンの感想

チートの素晴らしき世界

る当時の世界情勢を知らしめた作品今から20年以上前は、国際的な仕事を目指す人間の学生には、MASTERキートンは指定図書みたいなものでした。この本には当時の世界情勢がたくさん詰め込まれています。今は亡き東ドイツで起こった数々の悲劇、東西ドイツの統合により何が良くなり、何がダメになったのか。懐かしい響きの東西冷戦下に行きていた私達には冷戦における矛盾や、理想と現実を考えることを突きつけた作品です。あの時代は戦いと融合が入り混じっていました。冷戦終了後の東欧諸国の経済破綻、人種憎悪犯罪、ネットの発達していない時代に現地で起きているであろう事実を、漫画という柔らかい媒体で教えてくれた漫画です。それだけではなく、考古学に基づいた文明の話や美しい建造物の話に、人間はちゃんといきているんだよとメッセージをこめていました。ヨーロッパ各国の話がメインなので、各国の雰囲気や抱える問題、英国ならIRAとSASの対立の流...この感想を読む

5.05.0
  • エリザベートエリザベート
  • 5view
  • 1198文字
PICKUP

MASTERキートンが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ