全知全能の邪神”のような犯罪者と、史上最高の犯罪学者リンカーン・ライムとの対決を描いた、ノンストップ・サスペンスの傑作「ソウル・コレクター」 - ソウル・コレクターの感想

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,358件

ソウル・コレクター

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

全知全能の邪神”のような犯罪者と、史上最高の犯罪学者リンカーン・ライムとの対決を描いた、ノンストップ・サスペンスの傑作「ソウル・コレクター」

4.54.5
文章力
4.5
ストーリー
4.5
キャラクター
4.5
設定
4.5
演出
4.5

ジェフリー・ディーヴァーの「ソウル・コレクター」は、全知全能の邪神”のような犯罪者と、史上最高の犯罪学者リンカーン・ライムとの対決を描いた、ノンストップ・サスペンスの傑作だ。

物語は、ロンドン警視庁(スコットランドヤード)と協力して、因縁浅からぬ殺し屋を追い詰めようとしているライムのもとに、一本の電話が掛かってくるシーンで幕が開く。

電話の主は、ニューヨーク市警重大事件課の警部補にして、旧友でもあるロン・セリットー。捜査の真っ最中に割り込まれて不機嫌なライムに対してロンは、ショッキングな事実を告げる。それは、リンカーン・ライムのいとこアーサー・ライムが、強盗殺人の容疑で逮捕されたというものだった。
被害者の名前は、アリサ・サンダースン。グリニッチヴィレッジに住むこの女性を刺殺し、高価な絵画を奪った第一級謀殺の容疑をアーサー自身は否認しているが、合理的な疑いの入りこむ余地はないというのだ。

というのも、彼の車の中から血のついたタオルが発見され、DNA鑑定の結果、被害者のものと一致。さらに凶器と同じ包丁が自宅から見つかり、現場に残された足跡が彼の履いていた靴のものと同じであることが判明。その上、アーサーは、盗まれた絵画を描いた画家の作品を、かつて泣く泣く手放した経緯がある上に、その画家の個展の招待状が自宅に届いていたのだ。
さらに致命的なのは、目撃者がいたこと。現場から慌てて立ち去った車の車種と、ナンバープレートの文字の一部が、匿名の通報者の告げた事実とピタリと一致したのだ。

どこから見ても有罪確実な状況に対して、リンカーン・ライムは疑念を覚える。あまりにも完璧すぎる、と。ひょっとして、いとこは嵌められたのではないか。もしかすると、同様の手口で証拠を捏造し、他人に罪をなすりつけ、犯行を繰り返している強盗殺人犯がいるのではないか、と。調査の結果、案の定、同様の事件が二件もあったことが判明する。かくて捜査に乗り出したリンカーンは、やがて、犯人がいかにして犠牲者——被害者と身代わり——の完全なる情報を得ているかを知り、慄然とすることに……。

シリーズ第一作の「ボーン・コレクター」を始めとして、第二作「コフィン・ダンサー」、第五作「魔術師(イリュージョニスト)」、そして第七作「ウォッチメイカー」等、これまでリンカーン・ライムが対決してきた相手は、全て相手の先の先を読む頭脳犯だった。彼ら〈名犯人〉と四肢麻痺ながら最新のハイテク機器を使いこなす、史上最高の犯罪学者リンカーン・ライムとの、火花散る逆転に次ぐ逆転劇こそが、このシリーズの最大の特徴であり、我々読者はそこにカタルシスを覚えてきたのだ。
ところが、今回の犯人は、これまでとはまるでタイプが違っているのです。犠牲者を選び、監視し、情報を集め、罠に嵌め、殺し、破滅させる。まるで、WWW(ワールド・ワイド・ウェッブ)という広大な蜘蛛の巣の中心で、じっと獲物が掛かるのを身を潜めて待っている毒蜘蛛のような人間。そんな、卑劣な犯人の牙は、ライムの恋人であり頼りになるパートナーでもあるアメリア・サックス刑事を始め、リンカーン・ライム・チームにも向けられ、かつてない危機を迎えることになるのだ。果たして、“全知全能の邪神”に対して、打つ手はあるのか?。

この作品では、いとこのアーサーの嫌疑を晴らすという設定に絡んで、シリーズで初めてリンカーン・ライムの警察官になる以前の過去が明らかにされる。彼は一体どういう、青年だったのか、なぜ犯罪学の道に進もうと思ったのか。
さらに、「ボーン・コレクター」で、アメリア・サックスが命を救い、「ウォッチメイカー」で、運命的な再会を果たした少女、パム・ウィロビーがみたび登場し、捜査に一役買うのも、我々ファンには嬉しいところだ。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

ソウル・コレクターを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ソウル・コレクターが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ