教育について考える - 鈴木先生の感想

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,144件

鈴木先生

4.254.25
映像
4.25
脚本
4.38
キャスト
4.38
音楽
3.88
演出
4.38
感想数
4
観た人
6

教育について考える

4.04.0
映像
4.0
脚本
5.0
キャスト
4.0
音楽
3.5
演出
4.5

目次

考える事、伝える事

現代の中学生や教師のリアルな生態を表していると思いました。割合が低いものもありますが、現実に起きている事です。クラスのヒエラルキーもハッキリと分かりやすかったですが、ゆとり世代のど真ん中が背景なせいか、1話目 から冷静な話し合いをする穏やかを感じました。バタフライナイフで事件が起きた時に、持ち歩いていた藤山くんが、証拠もなく庇われたり、疑われたりしていても、足子先生の「クラスメイトを信じましょう」の提案に大人しく従ったり、小川さんが異論を唱えた途端に、薄情者扱いをされているシーンなどを見ると、何も考えずに、多い方に流されているだけなんだな。と思いました。しかし、様々なトラブルを経て、鈴木先生のできちゃった婚での鈴木裁判の最終回。自分の発言で誰かが傷つく事を痛感したり、意見が多い方が正しい訳じゃない。とクラス全員が理解しながら冷静に討論が出来ていたと思います。中盤で竹地くんと河辺さんを中心とした性指導の学習率の話がしっくりきました。また中村さんと出水くんが食事マナーの件でトラブルを起こした時も、考えた結果、行動に移してしまい鈴木先生の仲介により和解します。価値観の共有とか難しい事ではなく、人の嫌がる事はしない。って事ですね。中村さんは、ここから視野が広がったと思います。漫画が原作ですが、漫画の絵に比べるとドラマだと美男美女のクラスになりますが、なんとなく出演者の雰囲気が似ているのも面白いと思いました。

オープニングにもこだわり

オープニングソングは1話から最終回まで同じ曲(光射す方へ)で、映像は、鈴木先生の眼鏡をリレー形式で生徒達がかけていくと言う演出ですが、ただ眼鏡をかけているだけでははく、友達に手渡しする演出もあり、先生の教えをみんなで繋いでいくクラスの絆のようなものを感じました。オープニング映像は、毎回少しずつ違います。1話目はドラマ全体のあらすじのようなドラマショットが盛り込まれています。不定期ですが、他の回でも予告などを含めた見どころがシーンが入ったりします。また、映像で眼鏡をかける生徒も、毎回違いますし、人数も違います。あまり目立たない生徒も、オープニングでスポットを当てられてるので、鈴木先生が実験と称して目指していた生徒達同士で助け合える、より良いクラス。という表現の1つだと思います。そして、生徒の表情にも注目すると、この回でトラブルを起こしたり、メイン役になる生徒は、シリアスで申し訳なさそうな表情をしています。他の回では、笑顔で楽しそうな表情も見られます。9話、10話(最終回)の2回に分けて、ほぼクラス全員が男女交互に眼鏡をかける演出をします。生徒名も同時に大きい文字と共に紹介されます。メインヒロインの小川さんの眼鏡リレーをする姿は見られません。オープニングの終盤でバケツいっぱいに入ったカラーボールを、先生にかぶせるシーンも毎回同じ映像ですが、最終回だけ特別な演出があります。ボールをかぶせ終わった後に一瞬、クラスの集合写真が画面に映ります。いつも鈴木先生の目には何も映ってませんが、先生の目にはクラスの集合写真が映っています。カラーボールを何故被せるのかと疑問に思っていましたが、鈴木裁判が終わって下校をする際、クラス全員で結婚を祝福をしました。先生は自分の指導が想像以上に生徒達を成長させていると実感。みんなのさしていた傘の色がカラーボールと同じ色なので、生徒達と一体になれた。クラスがまとまった。というメッセージだと思います。ドラマ本編もですが、特にオープニングには力が入っているし、メッセージが強いドラマです。

女子中学生の嫉妬

トラブルメーカー扱いされていた隣のクラスの神田さん。鈴木先生のクラスを小川さんわや選んで自分は外された事で荒れてしまいました。小川さんが目立つ程、慕われていく程暴挙に走ります。神田さんは足子先生の指導で、同じような価値観を持っていて、性には潔癖なんだと思います。性指導をきちんと聞いてる様子から伺えます。河辺さんの彼氏の事もバカにしたりします。自分を選ばずに、河辺さんを気に入る山口先生に嫉妬していて、山口先生が嫌いなのではなく、他の女性を選ぶ身近な男性自体が嫌なんだと思います。また誰からも好かれている小川さんに嫉妬していたり。頭の回転の速さも悪知恵になってしまい、嫌な女性になりきってしまっていたようにも思います。鈴木先生が懸念していた、学校は問題のない生徒の摩耗の上で成り立っている。自分のクラスだけに力を入れすぎたせいで、問題のなかった神田さんを摩耗させていた事に気付きます。しかし、山口先生が暴力事件で退職した時に、主防犯が神田さんだと知りますが、誰も話を聞いたりフォローしなかったのかが気になります。承認欲求を満たして欲しいSOSだったと思います。そして、樺山さんと横関くん。よくある話ですが、小川さんの好きな人を聞き出して、横関くんが諦めるように仕向けたり。よっぽど好きなんですね。事態が大きくなり、小川さんが追い詰められる形になってしまいました。誰も悪くないと思いますが、嫉妬して諦められない様子が痛々しくも可愛らしくもあります。これぞ中学生という感じです。

              

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

本質をシュールに描く、革新的かつ斬新な学園ドラマ

既存の学園ドラマを覆す内容こんな学園ドラマは初めてだった。時代も変わったものだと感動すらおぼえた。好みはかなり分かれるかもしれないけど、私は、今までのどんな学園ドラマよりも面白いと感じた。とはいえ視聴率は2%台の週もあったほどで、その数字もオドロキだが、ホントに数字は関係ないと思わずにはいられない。視聴率はボロボロだったが、ドラマの質を高く評価され 映画版も製作された、というのも実に納得。 教師が主人公の学園ドラマはいろいろあるが、この作品は、不良学生たちを破天荒な教師や熱血教師が更生させていくものでも、教師と生徒との恋愛を描いたものでも、生徒のいじめや、スクールカーストなどを描いたものでもない。 そういう、何か奇抜なテーマや特殊な人物設定によるものではなく教師も生徒も、ごくごく一般的で、標準的な学校の日常が舞台。ただ、「これ、地上派だよね?」とびっくりするくらい、本質的。 人は体験...この感想を読む

5.05.0
  • たまこたまこ
  • 20view
  • 2672文字
PICKUP

家族で一緒に見づらい学園ドラマ

原作に忠実なドラマ似ている…似すぎていて思わず笑ってしまったほどである。ドラマ「鈴木先生」の生徒役、カーベーが。この役にこの子をキャスティングした人にお礼を言いたいくらいの気持ちになったよ。カーベーはこのドラマに欠かせない重要な役どころなのである。まあ、それはのちに語るとして…。私はドラマが始まる前から、原作のコミックスを楽しみに読んでいた。ドラマになると聞いて「最近のドラマって、たいてい原作ありきじゃないか。オリジナルで勝負すればいいのに」と、いつも思う感想を抱いたのである。ところがどっこい、予想は嬉しい方に外れて、見ごたえのあるドラマにしあがっているじゃないか…と素人評論家は思ったくらいだ。だいたい、私は学園ドラマが大好物なのである。テロップで映し出される鈴木先生の心の声に、教育現場の苦悩やオトコの本音を見知った気がした。そもそも、長谷川博己はメガネが似合う。オープニングで、生徒た...この感想を読む

4.04.0
  • みまこんみまこん
  • 30view
  • 2096文字

「非」王道な教育ドラマ

今までにないタイプの教育ドラマこれは、とある中学生のクラスを担当した担任の先生と生徒たちを舞台に、ストーリーが進んでいく。これまでのドラマでは、特定の生徒に殆どクローズアップされ、悪さをした生徒を改心させて、「絆」を結んでいき、感動の展開になることが多かったが、この作品は他のドラマとは一線を画す。まず、先生の心の機微が主なナレーションとして入り、先生の目線で生徒や親など他の人との関わりが進む。今までは美化されがちで遠巻きに映されていたクラス風景が先生の目線から冷静に、だけれども人間くさい部分も多分に加味された「リアル」さがぐっと増した、濃い内容になっていく。特定のマドンナ的生徒への感情や「男」としての葛藤など、教育では「排除されるべき」姿勢も見せていて、非常に興味深い。そして、これも大きな特徴だが、分かりやすく「不良」と呼ばれる人たちはいないことだ。そういった、分かりやすく悪い人たちに...この感想を読む

4.04.0
  • もあんもあん
  • 56view
  • 2058文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

鈴木先生を観た人はこんなドラマも観ています

鈴木先生が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ