誰が一番幸せなのか - 金曜日の妻たちへIII 恋におちての感想

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,125件

金曜日の妻たちへIII 恋におちて

3.503.50
映像
4.00
脚本
3.50
キャスト
4.00
音楽
4.50
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

誰が一番幸せなのか

3.53.5
映像
4.0
脚本
3.5
キャスト
4.0
音楽
4.5
演出
4.0

目次

最終回の不思議

このドラマに関しては言いたいことがたくさんある私なのである。だって全く意味が分からない。ドラマだからと言ってしまえばおしまいなのだが、何か納得できない場面が多い、多すぎるのである。

特に、最終回について語らせてほしい。このドラマの一番の山場と思われ、今作を懐かしのドラマ番組などで放送するときによく使われるいしだあゆみ演じる桐子と、篠ひろ子演じるタケこと綾子が花束でバシッとたたき合う例のシーン。

あの後、二人はあははははと空々しく笑い合い、何が語られたのか見ている方には明かされないのである。で、タケとオコマは酔っぱらってハイテンションで、オコマの店に秋山を迎えにいくシーンに切り替わるのだが、え?何でそういう流れになっちゃうんだか。

「桐子があなたを私に返してくれたの…」といいながら、秋山と帰っていくタケで「END」。返すってどういうこと?元々秋山は誰のものなんだよ。それでタケははいありがとうと言って納得したの?もう一回殴っちゃえよ。失礼な。

それともうひとつ。ちょっと待って!秋山はそれでいいのか?一度は桐子に復縁を申し込んでいたじゃないか。振られたけれど。だからって女房の元に戻るわけにもいかないっていってたじゃないか。秋山の気持ちは視聴者の皆さんに丸投げってことか。

もう、桐子に振られたら実際は帰るしかないもんな。だって、子どももいるし、親もいるし、家もあるし。タケのことが嫌いになったわけじゃないし。ホテル住まいはお金もかかるし。

そう、帰るしかないんだけれど、どうして帰るのか、帰りたかったんだ!あれは一時の気の迷いでした、本当に大切なのは奥さんです…という説明というか描写がほしかった。妻の立場としては。

何かそこんところが不完全燃焼なのよ。

友達の元カレと結婚

私なら、無理。その人のことを、友達と付き合ってる時から好きだったのならまだ一考の余地はある。石川ひとみの「まちぶせ」みたいにね。

でも、桐子と同棲までしていた秋山と結婚したのは、なぜなのか。飛行機の中で泣かれたというので母性本能がうずいたのか。タケなら他の誰とでも結婚できる容姿と職業だったのに。

これは、やっぱり桐子の元カレだからこそ、魅かれたのではないか。多分そこに打算的な意味はなく、優越感もない。ただ、桐子が好きになった人に対する興味から始まっているというのはあるんじゃないかな。そのあとの恋愛は自然なものだったと思う。

ドラマチックではあるけれど、16年一緒にいた女友達の元カレと結婚て実際はないでしょう。顔見るたびにいろんな意味で想像してへこむわ。

幸せランキング

私が独断で選ぶ、このドラマの中で誰が一番幸せなのかをランキング形式でご紹介するよ。

一位は・・・「ノロ」

結局、浮気はしなかったので、妙な罪悪感に苛むこともなく、これからも胸を張って生きていける。平凡は幸せの証。若くていい男に好きだと言われたことを一生の大切な思い出としていればいい。それを時々そっと思いだすのが無難。亭主は単身赴任でオコマの家で息抜きできる専業主婦。楽ちん。生活には困ってないようだし。心配は子どもの出来が悪そうなことくらいかな。

二位は・・・「桐子」

自分の足で立っている。手に職をつけているし、自分の仕事に誇りをもっているように見える。部下にも慕われているようだし。自分の生き方についてあれこれと心配してくるお節介もいない。まあ、オコマぐらいか。いいマンションでオシャレな暮らしをしているようだから、お金の面でも大丈夫そう。昔の恋人に復縁をせがまれて自尊心も保たれる。

三位は・・・「タケ」

旦那も取り戻して一位のように思われるかもしれないけど、果たして不安は全て払拭されたのか。何かのはずみに桐子とのことを思い出しイライラするに違いない。100パーセントの和解なんて浮気にはないんじゃないかな。我慢と遠慮のうえに成り立つもの。帰りが遅い時など、また桐子と、会っているんじゃないかと不安になる負のスパイラルから抜け出せるか。あとは、姑さんが少しめんどくさそう。憂鬱のもと。秋山が高給取りそうでいい。子どもの出来も良さそう。

四位は・・・「オコマ」

すぐに同情したり感情に流されたりする性格で、ずーっと旦那と上手くやっていけないような気がする。店も家も借金。返済が大変そう。あの料理屋は採算がとれるのかな。すぐに人のことに首を突っ込みたがる性分は疲れるだろう。子どもたちが思春期になった時、夜夫婦二人ともが家を空けていいのか。一見一番幸せそうにみえて、実は将来的な問題が山積み。

終わりに

ダイヤル回して手を止めたーの主題歌で有名なドラマだけど、今の若い子はダイヤルも知らないのかな。不倫だってそんなにたいしたこととは思わない人も多いのかもしれない。でも、私はモラルってすごく大事なことだと思う。妻の立場から見た感想なので、タケに肩入れしてしまった。だって何にもタケは悪いことしてないでしょ。パーティーで夫婦の仲睦まじさをちょっと桐子に見せたかっただけなの。きっと。女ってそういうもの。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

金曜日の妻たちへIII 恋におちてを観た人はこんなドラマも観ています

金曜日の妻たちへIII 恋におちてが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ