いま、会いにゆきますのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

いま、会いにゆきます

4.504.50
映像
4.50
脚本
4.50
キャスト
5.00
音楽
4.50
演出
5.00
感想数
1
観た人
1

いま、会いにゆきますのあらすじ・作品解説

いま、会いにゆきますは2005年7月3日から同年9月18日に放映された日本のドラマ作品である。本作品は市川拓司によるベストセラー・ファンタジー恋愛小説が原作である。原作は2003年に発刊され、翌2004年に中村獅童と竹内結子の主演で映画化され大ヒットした。 主人公は成宮寛貴演じる秋穂巧という青年で、28歳にしてシングルファーザーとなり息子の佑司と静かな生活を送っていた。ミムラ演じる病死した妻の澪は「1年後の雨の季節に戻ってくる」という言葉を残しており、一年後に言葉の通り再び2人の前に現れるが3人で過ごした記憶を失っていた。そこから始まる3人での共同生活を描いた切なくも温かい家族の愛を感じさせる作品である。 作品の主題歌は映画から引き続きORANGERANGEが担当している。また本作品はDVD化されている。 2007年4月からハワイでも字幕付きで放映され、英語でのタイトルは「Be with you」である。

いま、会いにゆきますの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
5.005.00
音楽
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

いま、会いにゆきますの感想

投稿する

”今”を感じられる自分と、タイトルに隠された切ない想い。

映画とドラマによって伝えれた深い愛情。最初に映画で、その後に放送されたドラマ版の”今、会いに行きます”は、日曜劇場として10回に分けられて放送されました。出演者も子供以外は違う俳優をつかっています。新しく加えられた出演者もいました。優しく爽やかなイメージを受ける、ミムラと成宮寛貴が見事に演じ切りました。映画よりも若い設定のため、ここから分かることは、2人は若くに結婚し出産を経験しているということです。18歳頃の出産になりますので、結構早い方です。病気により死んでしまいますが、結婚、出産を経験したことがせめてもの救いだったかもしれません。早婚と聞いて、早婚の私が思うこと。私自身どちらかといえば、結婚は早い方で、21歳で結婚し、出産しております。若くして結婚すると良いこともありますが、大変なことも沢山あります。ますは、世間の目が冷たいという事実です。私は大学生の時に結婚、出産をしているため特にまわ...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 71view
  • 2096文字
PICKUP

いま、会いにゆきますに関連するタグ

いま、会いにゆきますを観た人はこんなドラマも観ています

いま、会いにゆきますが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ