ゆっくりと解けていき混ざり合う心が美しい - シックスハーフ の感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,121件

シックスハーフ

4.504.50
画力
4.00
ストーリー
4.25
キャラクター
4.75
設定
4.00
演出
4.25
感想数
2
読んだ人
3

ゆっくりと解けていき混ざり合う心が美しい

4.54.5
画力
4.0
ストーリー
4.0
キャラクター
4.5
設定
3.5
演出
4.0

目次

詩織という人間の生まれ変わる道を追う

目が覚めたら病院のベッドの上にいた。私は誰で、あなたたちは誰ですか?高校生の詩織はバイクの事故により記憶を失った。目が覚めてくれて喜んでいる兄らしき人、彼氏らしき人…ここからどうやって記憶を取り戻していくか。その道のりはとても険しいものでしたね。ハートフルな展開になるのかと思いきや、家族のそれぞれ、詩織に関わる人間のあれこれが壊されていき、本当の姿が浮き彫りにされていく。その過程は大げさに言うと「破壊と創造」という言葉で表現できますね。

記憶を失ってからの詩織は正直で、家族を大事にして、媚びたり、着飾ったりしない女の子。一方、記憶を失う前の詩織はギャル女。付き合いのある友達も派手。妹に暴言を吐きまくる、夜に遊び歩く、完全に悪い女設定でした。それがね…謎が解けていくごとに、詩織という人間が本当は何にも変わっていないということに気づかされていくわけですよ。ここがうまいなーと本当に思う。記憶がないからといって、詩織は詩織なんですよ。思考パターンとか、感情の向く方向っていうのは、きっと同じなんですよね。余計なものがなくなって、空っぽになったときに、本当に自分のやりたいことに忠実になれるというか。事故に遭ってしまったことは悲しい事であるし、怖いこと。だけど、もう遭うべくしてなったんじゃないだろうかってくらいです。余計なものがこびりついて判断できなかったことが、すべてを失ってみて客観視できるようになる。自分の行動に理由付けができるようになる。逆によかったんだろうなと思います。

いびつな家族が浮き彫りにされていく巧さ

父親が病気で亡くなり、大学生のあーちゃんに支えられて、詩織とまーちゃんは生活ができています。一見、苦労しながらも家族としてがんばっているように見える。それが、少しずつ、見えてくる家族の本来の気持ち。我慢して、我慢して、押し殺してきた気持ちがあふれださずにはいられないんです。何も思い出せない詩織が、少しずつあーちゃんのこと、まーちゃんのことを理解して、自分なりに答えを見つけていく。すごく勇ましいですよね。

あーちゃんだって、好きだった女の子がいたし、付き合うことだってできたのに、家族の世話ばかりずっとしてきた。それは出ていった母親への当てつけでもあるし、自分だけが血のつながりがないという事実を目の前にして、自分が家族をつなぎとめてやりたいという執着でもある。家族への執着と、詩織への気持ち。その間で揺れ動くあーちゃんがもう息苦しくて、自然と涙が出てきます。ミズキちゃんがね…これまた…したたかだよ。もはや怖いと思った。詩織の気持ちに何となく気づきながら、病床の父親の世話を手伝うことで、マーキングもしていたんですから。

まーちゃんはパパを殺した癌を将来殺すため、医者になることを固く心に誓い、勉強ばかりしています。友達がいないわけでもなさそうだけど…とにかく暗い。詩織のことを本当に恨んでいるのが伝わってきたし、記憶を失くして変わってしまった詩織の態度に戸惑いを隠せない。だからといって認めてあげることなんて絶対に許せない。今までの自分を嘘にするような気がするから…そんなまーちゃんがせつなくて、苦しかった。詩織が一生懸命バイトして稼いだお金で作ったアクセサリーを燃やして壊してしまったまーちゃん。その時の涙が…こっちも涙が止まらないよ。嬉しいと思うことを、許せないんだよね。記憶が戻ったら逆戻りするんだろうって思ってるんだよね。

記憶喪失の時の自分もまた自分

詩織は、記憶を失う前の自分の姿を、いろいろな立場の人間から伝え聞きます。あーちゃんから、まーちゃんから、開から、チカたちから、大樹から…詩織は汚くひどい人間だと言われることが多かったけど、確かにいい子だと言ってくれる人もいた。記憶を失う前の詩織も、失った後の詩織も、どちらも認めてくれたのが開であり、あーちゃんでしたね。あーちゃんは葛藤しながらも、家族を守ろうとしていた気持ちが強かったので、開とくっつくんじゃないかなってずっと思ってました。正直、開は詩織の何も知らなかった。笑顔が素敵で、それに恋しただけだった。だけど、「詩織」という人間の正直な気持ちを聞くことで、もっと詩織を好きになっていく。兄を好きなことも、実はこんなに感情豊かであったことも、奥手なのに意地っ張りであることも…記憶を失わなければ、その不安定さに気づくことなんて絶対にできなかった。「かわいい」だけの詩織が、「愛すべき」詩織にはならなかったはずです。事故を起こしてしまった罪悪感から、少しずつ愛になる。一生懸命な開が本当にかっこよかったし、あーちゃんという柱のない詩織のすべてを愛してくれる、唯一の存在であるかのように思われました。

記憶を取り戻したときは、本当に衝撃的。あーちゃんが酔って詩織にキスをしてしまうという…今までの決意すべてをぶち壊しにするイベント。このときの詩織の表情が、衝撃の伝わるいい表情をしてますよね。心臓が高鳴って、鳴りやまない。でも嬉しいんじゃない。少しずつ積み上げてきたものが崩れていくような音。それが鳴るとともに思い出していく過去の記憶。あーちゃんを好きだったこと。父親から認められなかったこと。ミズキという人間がきたことで居場所を失ったこと。当てつけのように妹のまーちゃんをいじめてしまったこと…全部が本当の出来事で、全部が本心からじゃない行動。それを記憶を失っていた時の自分が分析できているからこそ、1つになった詩織は、より強くなれた。かっこいいよ!

最低の母親が教えてくれること

母親がね、本当に最悪で。まーちゃんのことなんて…おい、じゃー誰も血がちゃんとつながってないじゃん!っていうね。通りで似てないわけだよこの家族。詩織とマホは顔が違いすぎる。好き勝手やって、堂々と家に戻ってこれたこの母親、許すまじ。自分のことばかりで生きているというのは、まさにこういうことなんでしょう。男作ってりゃー楽しいですか!

それでもまーちゃんが母親を気持ちの悪い物として突き放さなかったのは、詩織と、あーちゃんがいてくれたからだよね。この母親がそのまーちゃんの言葉に感動して涙する姿が、絶対に本当のものではないって考えられるから、まーちゃんの言葉は大人すぎて、もどかしかったです。ただ、この家族はそういういびつさでできている。だから、いいんだよね。こういう答えにたどり着いたとしても。誰か一人を悪者にできるわけじゃない。確かに家族であったことを、少しずつ頼りにしながら進んでいく。こうして人間のつながりはできていくのかもしれませんね。

血のつながらないというオチ

血がつながっていないと発覚してから、その気持ちの行き場にずっと悩んできた詩織。そして、いまさら詩織のことを愛していたと気づき、「家族」にこだわってきた自分と、正直な気持ちの自分のどちらもがいびつで、信じ切れずに立ち止まってしまったあーちゃん。想いを確かめ合って、めでたく付き合うことになりました。11巻にしてようやくそこまで到達できたこの2人。よかったね。開とうまくいってほしいと願ってきた読者からすれば、複雑な気持ちになるラストでした。家族の形を本当にぶっ壊すことになったからね。だけど、マホの最後の言葉が本当に素敵で、もういいかって許せてしまった。

あーちゃんもあんたも付き合おうが結婚しようがあたしのお兄ちゃんとお姉ちゃんでしょ

ならいいよべつに どーせウチは元々ちょっと複雑じゃん さらにもうちょっと複雑になったって大した事ないんじゃないの

…感動です。ありがとう。いろんな形がある。みんながいろいろな気持ちを抱えながらも、笑顔でいられる終わりにしてくれてありがとう。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

思い出しても思い出さなくてもきっと好き

生きながらにして強制生まれ変わり高校生の詩織は、バイク事故に巻き込まれて記憶喪失になった。目覚めたらもう記憶は飛んでいて、家族のことも、彼氏のことも、何も思い出せない。そんな詩織のストーリーは、よくある記憶喪失の物語なんかじゃない。詩織であることを取り戻しつつ、自分自身のことを見つめ直していく道のりは、険しすぎて遭難しそうになるくらい、たくさんのものを壊すことになった。記憶を失う前の詩織は、かわいいだけの、性格最悪のギャル。夜には遊び歩き、家に寄り付かない不良だった。そのうえ妹には暴言を浴びせて八つ当たり…ところが、記憶を失った詩織はとても正直で、家族想いで、ストレートに言葉で表現できる女の子だった。変化に戸惑う周囲の人たち。そして、徐々に気づいていく。詩織は詩織であるということに。記憶がなかろうが、思考パターンは絶対に染みついていて、変わるわけじゃない。余計な記憶がない分、正直に自分...この感想を読む

4.54.5
  • kiokutokiokuto
  • 84view
  • 3028文字
PICKUP

関連するタグ

シックスハーフ を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

シックスハーフ が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ