リバーズ・エッジのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,099件

リバーズ・エッジ

5.005.00
画力
3.50
ストーリー
5.00
キャラクター
4.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
2

リバーズ・エッジの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
3.503.50
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.004.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

リバーズ・エッジの感想

投稿する

90年代日本のリアルと、様々な「リバーズ・エッジ=境界線」

90年代日本のリアルと、様々な「リバーズ・エッジ=境界線」リバーズ・エッジ(河のほとり)というタイトルがこの作品のほぼ全てを表していると思う。これは様々な境界線を巡る若者達の物語だ。90年代のとある高校を舞台に、退屈な日常を過ごす主人公ハルナと、それを取り巻く人々が様々なレイヤーで描かれていく。作品連載が93年~94年とあるから、いわゆるバブル崩壊後の「失われた20年」が始まった頃だろうか。経済成長とバブル景気が終わり、豊かで均一化された近代国家として生まれ変わった日本で、「平坦な戦場」を生きる登場人物たちは、セイタカアワダチソウが生い茂る河原の、白骨化した死体に生のリアリティを見出だす。ここでの河とは、まさにあの世とこの世を分けるボーダーラインであり、河原はその狭間の地点ということになるだろう。実際に物語のほとんどのエピソードはこの河の周りで進んでいく。死体初登場のシーンでは、観音崎...この感想を読む

5.05.0
  • torus64torus64
  • 20view
  • 2002文字
PICKUP

リバーズ・エッジに関連するタグ

リバーズ・エッジを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

リバーズ・エッジが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ