ハリー・ポッターと死の秘宝(上下巻セット)のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,321件

ハリー・ポッターと死の秘宝(上下巻セット)

5.005.00
文章力
4.75
ストーリー
4.88
キャラクター
4.88
設定
5.00
演出
4.75
感想数
4
読んだ人
14

ハリー・ポッターと死の秘宝(上下巻セット)の評価

総合評価
5.005.00
(4件)
文章力
4.754.75
ストーリー
4.884.88
キャラクター
4.884.88
設定
5.005.00
演出
4.754.75

評価分布をもっと見る

ハリー・ポッターと死の秘宝(上下巻セット)の感想

投稿する

親は無くとも子は育つ・・・が

この作品では、主人公たちの悪の魔法使いとの激しい戦いが描かれていますが、その経過については、とても孤独な様子で描かれたものが多いのが特徴です。それまでのシリーズ作品での、学校での和気あいあいとした様子との対比もあり、寂しさがより際立っています。ストーリー上そうした展開にしなければいけない、という事情もあったのかもしれませんが、これはまるで子供の巣立ちのようです。巣立ったばかりの子供にとっての社会は、時に厳しく、危険で孤独なものなのです。そうした社会では、親の保護もあまり役には立ちません。作品でも主人公の両親は他界し、よくしてくれる親友の両親とも離れなければなりません。もっともこれはシリーズ作品に共通した傾向であります。主な舞台が寄宿学校という性質を考えても、親の存在は薄めです。これは作者自身の体験を反映させたものではないでしょうか。作者はシングルマザーで、生活保護を受けながら子供を育て...この感想を読む

5.05.0
  • ゆきまえゆきまえ
  • 40view
  • 649文字

あまりの思いの深さに涙してしまいました

映画化もされ、大人気の『ハリー・ポッター』シリーズの完結作です。前作でスネイプがダンブルドアに死の呪いをかけるという衝撃の事件を経験したハリーは、ダンブルドアから託されたヴァルデモートを倒す戦いを続けることを心に決めます。命の危険があるばかりではなく、家族にさえ危険が及ぶ恐れのある戦いですが、ロンとハーマイオニーも行動を共にします。そんな危険に巻き込んでしまったことを後悔したり、責任と重さと謎の大きさに押しつぶされそうになったり、心身のストレスからすれ違ったりしながら、3人の絆はますます深くなっていきます。そして、最後の決戦が始まった時、スネイプの抱えていたとても深い思いが明らかになり、同時にハリーの恐ろしく過酷な運命も明かされるのです。そして、死に直面した時、ハリーがどれほど両親やその親友たちを大切に思い、また彼らから大切に思われているか、さらに、ジニーのことをどれだけ愛しているかが...この感想を読む

5.05.0
  • 月読三葉月読三葉
  • 72view
  • 496文字

感想をもっと見る(4件)

ハリー・ポッターと死の秘宝(上下巻セット)に関連するタグ

ハリー・ポッターと死の秘宝(上下巻セット)が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ