100億の男のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,118件

100億の男

5.005.00
画力
4.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

100億の男の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

100億の男の感想

投稿する

もっと活躍させてほしかった前島マリエ

個人的には本作を彩る女性陣(銀座にバーLEEを構える富沢琢矢の情報源で才覚を見出だして意味深長な言い方をするりさ子や結局馬鹿な男に惹かれてしまう未亡人で物語に関わる企業の株を持ちながら今は小料理屋しのだを営む篠田冴子、ウェルネス社チーフなれど若さゆえか外国人の富沢琢矢に逆にアメリカ流を教え込まれることとなるレイチェル・ヘイズワード(美人研究者、要は才色兼備とするサイトあり)など)で屈折して御侠、波打つ髪がトレードマークの前島マリエが最も好き。前島マリエ、その動向好きでもない男との結婚前提のお見合いを母に画策されるのもあってか、屈折して(因みに彼女を評する時の久我山沙貴程お前が言うか?と思った例を寡聞にして知らない)、富沢琢矢に近付いた後、母に対する反感を見せる。。「殺す」の意味も知らず自分と同じ金持ちの跡取りに混じり、「ちんたらやってらんないわ!」「みんなと同じに賭けて勝ったってつまんないもの!」...この感想を読む

5.05.0
  • 紅澪斗紅澪斗
  • 65view
  • 2634文字
PICKUP

100億の男に関連するタグ

100億の男を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

100億の男が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ