バッテリーのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,276件

バッテリー

3.003.00
文章力
3.00
ストーリー
3.00
キャラクター
3.00
設定
3.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
3

バッテリーのあらすじ・作品解説

バッテリーとは、述べ1000万部を超えるあさのあつこによるベストセラー児童文学作品である。1997年には第35回野間児童文芸賞を受賞している。 傲慢なほどに自分の力ののみを信じる天才ピッチャー、原田巧と巧の転校先である新田東中学の野球部に所属していた同級生の永倉豪が出会ってからの1年間を追ったストーリーである。三人称の語りであるが場面ごとに主体となる人物が変わり、登場人物それぞれの心情描写を細かく丁寧に描いているのが特徴的である。 月刊あすかにて漫画化、2000年にNHk‐FMにてラジオドラマ化、2007年に映画化、2008年にNHkにてドラマ化と多数のメディアミックスを行っている。 小説も、単行本版が教育画劇から、文庫版が角川文庫から全6巻が発売されている他、つばさ文庫でも発売されている。また、他校の生徒である瑞垣俊二を主人公とした番外編小説、「ラスト・イニング」が角川書店から発売されている。

バッテリーの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
文章力
3.003.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.003.00
設定
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

バッテリーの感想

投稿する

バッテリーの登場キャラクター

原田巧

よみがな:はらだたくみ 年齢(作品時):13歳 身長:167㎝ 性別:男 国籍:日本 住まい:岡山県 性格:自分を取り繕ったり妥協したりしない、良くも悪くも真っ直ぐな性格 特徴:誰もが認める天才投手 特技:野球 好きな食べ物:生クリームケーキとミルクティー 嫌いな食べ物:甘い物

井岡洋三

よみがな:いおか ようぞう

永倉豪

バッテリーの名言

一人一人は力が有っても、なんでかチームとしては勝てないこともある。野球とはそういうもんだ。試合に負けるということは、お前も負けるということじゃ。

井岡洋三

ピッチャーとしては優れている主人公に対して、それだけでは難しいこともあることを示唆している。中学生ならではのこだわりを持つ巧とたくさんの野球経験をしている祖父洋三の会話である。

もう二度とあんなことしない。おまえにおれのことが恥ずかしいなんて、二度と言わせない。

永倉豪

キャッチャーとして自分に自信を持てないでいることを主人公に見透かされ、怒らせたと知った時に言ったセリフ

そうだ、本気になれよ。 本気で向かって来い。 子供だとか小学生だとか中学生だとか 関係ないこと全部捨てて、 俺の球だけを見ろ。

原田巧

おじいさんの教え子だった監督に対して主人公が思ったこと

バッテリーに関連するタグ

バッテリーを読んだ人はこんな小説も読んでいます

バッテリーが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ