ブルックリン・フォリーズのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

ブルックリン・フォリーズ

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

ブルックリン・フォリーズの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ブルックリン・フォリーズの感想

投稿する

愛すべきおバカさんたち

ポール・オースターの作品は絶望から始まる。ディストピアもの好きににはたまらない作家である。主人公は退職・離婚・病気と三拍子そろったおじさま。そして大学院を中退した元・アカデミーエリート、今は肥満の古書店店員の甥っ子。人生経験豊富すぎるブルックリンの古書店店主のゲイ。みんなボロボロになってブルックリンに集まってくるが、他の作品と異なるところは、全体にユーモラスな空気が流れているところだろう。「幻影の書」や「ムーン・パレス」のようなこちらの神経が磨り減るようなものものしさはなく、「ああ、人生終わった」というようなからっとした絶望。人生の展望がなく、行きつけの店のウエイトレスにちょっかいを出してトラブルに巻き込まれたりとおバカなことばかりしているが、この主人公たちはどんなに自分が情けなくなっても孤独にひきこもったりしない。「ムーン・パレス」で全ての社会的関係を捨て、ホームレスになった主人公と...この感想を読む

4.04.0
  • kay0kay0
  • 58view
  • 545文字

ブルックリン・フォリーズに関連するタグ

ブルックリン・フォリーズを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ブルックリン・フォリーズが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ