幻想郵便局のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

幻想郵便局

3.003.00
文章力
3.00
ストーリー
3.50
キャラクター
4.00
設定
3.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

幻想郵便局の評価

総合評価
3.003.00
(1件)
文章力
3.003.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.004.00
設定
3.003.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

幻想郵便局の感想

投稿する

コミカルなホラーファンタジー

本屋さんで見かけたときに表紙がきれいだなーと思って購入したものです。このお話は全体的にとても読みやすいので小学生でも読めるのではないでしょうか(ただ、読みやすいですがときどき「ん?どういうこと?」となって文章的に読みにくいところはありました。たぶん私の読解力がないだけでしょうが…)。本のタイトルからして「きっとファンタジーな世界観なんだろうな」と思っていたら案の定でした。少し思っていたのと違うのは少々ホラーちっくな描写があること。ホラーといっても割とコミカルなオチがあったりするので恐怖で身の毛がよだつような感じではありません(笑)ですが場面によっては読んでてひやりとする場面はありました。特にクライマックスの一番の盛り上がりの場面では少々悲惨な描写があります。個人的にはこの郵便局の特殊な設定がとても好きです。死んでいる人から生きている人へ、またその逆も然りで死者と生者を結ぶ公共機関。現実にも...この感想を読む

3.03.0
  • kanakokanako
  • 88view
  • 517文字

幻想郵便局の登場キャラクター

安部アズサ

よみがな:あべあずさ

幻想郵便局の名言

死んだ人は、消えてしまうのではない。

安部アズサ

あの世とこの世をつなぐ登天郵便局にきていた、訳あって成仏できない女性「真理子」さんが無事成仏できたとき、アズサに局長がかけた言葉。真理子さんがいってしまったことで、もう会うことができないと悲しんでいたアズサだったが、局長のこの言葉を聞き、心が救われた。

幻想郵便局に関連するタグ

幻想郵便局を読んだ人はこんな小説も読んでいます

幻想郵便局が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ