信玄の軍配者のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

信玄の軍配者

4.004.00
文章力
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

信玄の軍配者の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

信玄の軍配者の感想

投稿する

決して諦めない男

悲惨な駿府時代富樫倫太郎の軍配者シリーズで、早雲の軍配者、謙信の軍配者を読んだ後に、最期に、この作品を読みました。これで完結です。テーマは、「決して諦めない」ことだと思いました。四郎佐は、齢が当時の高齢者である四十歳を過ぎても、どんなに自分が醜悪な顔になっても、体が不自由になっても、決して一流の軍配者になって乱世に、その名を高めようということを諦めていませんでした。正直に言って、前の二作の方が読み応えがありました。しかし、この作品にも、それなりの読み応えはありました。足利学校、建仁寺で学び、大きく羽ばたこうとする四郎佐ですが、駿府に帰ってきて、軍配者として活躍出来ると信じていたのに、結果は悲惨でした。本物の山本勘助の仇として、山本家の縁者の宍倉家から命を狙われ、今川家の重鎮である太原雪斎の知遇を得るも、今川家の当主である義元から、顔と体の醜態を嫌がられ、仕官することが叶いませんでした。...この感想を読む

4.04.0
  • KAZKAZ
  • 12view
  • 3210文字
PICKUP

信玄の軍配者に関連するタグ

信玄の軍配者を読んだ人はこんな小説も読んでいます

信玄の軍配者が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ