X-MEN:フューチャー&パストのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

X-MEN:フューチャー&パストのあらすじ・作品解説

X-MEN:フューチャー&パストは2014年公開のヒーロー映画であり、世界興行収入が7億ドル、日本だけでも10億円を突破した人気作品である。 原作であるアメリカンコミック「X-メン」は1963年に連載を開始して以来爆発的な人気を誇り、今映画をはじめ小説、アニメ、ゲームなど様々な媒体でメディア化されている。 今作は実写映画化第7弾にあたり、1作目から3作目で描かれた世代と、5作目で描かれた過去の世代が交差し、両方の続編となる内容となっている。 この作品はミュータントと呼ばれる超常的能力を持った人々がいる世界で、人類との共存を望む者、人類を絶滅させようとする者、またミュータントを恐れ迫害する人類の争いを描いた作品群であるが、今作ではロボットの軍隊によってミュータントと地球が危機にさらされ、それを回避する為に共存派のプロフェッサーXと絶滅派マグニートーが共闘、仲間の能力によってウルヴァリンの精神を過去へ送りかつて同士だった過去の二人と共に未来を変えるという内容である。

X-MEN:フューチャー&パストの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

X-MEN:フューチャー&パストに関連するタグ

X-MEN:フューチャー&パストが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ