ノウイングのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

ノウイング

3.673.67
映像
4.33
脚本
3.67
キャスト
4.00
音楽
3.17
演出
3.83
感想数
3
観た人
2

ノウイングの評価

総合評価
3.673.67
(3件)
映像
4.334.33
脚本
3.673.67
キャスト
4.004.00
音楽
3.173.17
演出
3.833.83

評価分布をもっと見る

ノウイングの感想

投稿する

生命誕生まで思いを馳せてしまった作品

いかにも不吉な始まり方この映画は、いかにも不吉な始まり方をする。その不吉さは不気味で、個人的には好みだったので、どんどん映画にのめり込むことができた。何者かからのメッセージを受け取ったかのような少女ルシンダは、取り憑かれたかのように手紙に数字を書き連ねる。その手紙は創立記念イベントでの50年後に開けるタイムカプセルに入れられ埋められた。それから50年がたち、カプセルを開けてその手紙を受け取ったのは、少し難聴気味のケイレブ。ニコラス・ケイジ演じるジョンの息子だ。ここからストーリーの展開は早い。ケイレブの補聴器の不調から始まり、不可解な数字の謎もどんどん解けていく展開の早さに、画面から目が離せなかった。この不吉な少女ルシンダは、後にルシンダの孫アビーとして再登場する。彼女もうまいけれど、ケイレブを演じているチャンドラー・カンタベリーも相当うまい。外国には時々凄みのある演技をする子役がよくい...この感想を読む

3.53.5
  • miyayokomiyayoko
  • 120view
  • 3386文字
PICKUP

「予言の紙」は受け取る人を選んだのだろうか?

組曲「ジュピター」タイムカプセルを埋めるときに、バックミュージックで「木星(ジュピター)」が流れています。これはグスターヴ・ホルストの管弦楽組曲「惑星」の第4曲です。これから起こる出来事が人知を超えた宇宙からの影響を暗示しているかのようです。ギリシャ神話では「ゼウス」が木星の象徴とされています。そのことからも良い印象をうけることが多く、占星術では木星がめぐってくるときは「大きなチャンスが訪れる」とも言われています。しかし「大きなチャンスが訪れるとき」ということは「大きな変化が訪れるとき」でもあります。大きな試練を乗り越えるために、これまでの自分を見つめなおし、まちがった生活・思考を改め生まれ変わるチャンスが訪れている時期でもあるのです。木星には「人生には意味がある、そしてこの世に存在するものはすべて愛される存在である」というメッセージも込められています。教授が言っていた「未来は確定してい...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 69view
  • 2021文字

風呂敷を畳めていませんよね…?

CMか何かで飛行機が突っ込んでくるシーンに惹かれて見てみたが、見終わって出た感想は『……えっ、終わり?』だった。SFディザスター・ムービーと呼ばれる類のもので、さっくり説明するなら「地球がピンチ!」になる話だ。どれだけ地球がピンチなのか、どんな異変が起きているのか見せていく映画の前半はそれなりに楽しかった。暗号のようなものも出てきて、謎の人物の話も加わって、伏線がかなり張られているように思えて、どんなふうに決着をつけるのか、期待感は凄く高まった。だが、物語の後半は今ひとつ。死亡フラグを自ら立てて突っ込んで案の定死んでしまったり、少し予想はしていたけれど案の定宇宙人が出てきたり。宇宙人を登場させる時は本当に細心の注意を払って頂きたい……アレが出てくるだけで作品がチープになってしまう可能性の方が高いのだから。結局前半で張り巡らされていた気がした伏線はほぼ回収しないまま、しかもいっそ笑えてしまう...この感想を読む

2.52.5
  • 110view
  • 478文字

ノウイングに関連するタグ

ノウイングが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ