カイジ 人生逆転ゲームのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

カイジ 人生逆転ゲーム

3.963.96
映像
4.05
脚本
4.14
キャスト
4.09
音楽
4.14
演出
4.27
感想数
12
観た人
18

カイジ 人生逆転ゲームのあらすじ・作品解説

カイジ人生逆転ゲームは、福本伸行(講談社ヤンマガKC刊)の原作「カイジ」を藤原竜也主演で監督:佐藤東弥が実写映画化し、2009年10月10日に劇場公開された。脚本には大森美香、音楽は菅野祐悟が担当し、主題歌・劇中歌にYUI「It's all to much」「Never say die」を起用した。 キャストは、伊藤開司役を藤原竜也、遠藤凛子役を天海祐希、利根川幸雄役に香川照之が起用され、藤原竜也と「デスノート」でも共演していた、松山ケンイチが佐原誠役として友情出演している。 フリーターのカイジは自堕落な日々を送っていた。ある日、カイジのもとに金融会社のお女社長である遠藤が借金の取り立てにやって来る。カイジは借主の保証人となっていたため、法外な借金を背負ってしまう。そこで、遠藤が一夜にして借金を返済することができるチャンスがある船に乗ることを勧める。その船の中では、人の心理を利用したゲームが行われており…。

カイジ 人生逆転ゲームの評価

総合評価
3.963.96
(12件)
映像
4.054.05
脚本
4.144.14
キャスト
4.094.09
音楽
4.144.14
演出
4.274.27

評価分布をもっと見る

カイジ 人生逆転ゲームの感想

投稿する

実写化漫画の成功例

素晴らしいキャストでの実写化。至福っ…!特徴的言葉回し、金の人間の真理を突いた漫画家・福本伸行の作品は、老若男女問わず多くの人に読み愛されている。『アカギ』『賭博覇王伝 零』『銀と金』など、ほとんどの作品がギャンブルや賭博と関連しているのが主な特徴だ。命を削るようなオリジナルのギャンブルの数々は、独創的な設定と駆け引きの面白さから、多くの熱狂的ファンを生み出している。その福本伸行の代表作『カイジ』が、ついに実写映画となった。香川照之、天海祐希など、実力派の俳優陣が脇を固め、自他ともに認める”クズを演じさせたら当代随一”の藤原竜也が、主人公であるカイジを演じている。キャストの布陣は盤石。宣伝も功を奏してか、興行収入は22.5億円にもなった。漫画の実写化はダダ滑りの酷評の嵐になることが多いなかで、かなりの大成功といえるだろう。 もちろん、制作陣はキャストに全てを甘んじた訳ではない。漫画では一見し...この感想を読む

3.53.5
  • すらりすらり
  • 39view
  • 2000文字
PICKUP

感想をもっと見る(12件)

カイジ 人生逆転ゲームの登場キャラクター

利根川幸雄

兵藤和尊

伊藤カイジ

カイジ 人生逆転ゲームの名言

一生迷ってろ…!そして失い続けるんだ…貴重な機会(チャンス)をっ!

利根川幸雄

ビルの橋渡りのシーンで迷っている挑戦者へこう一喝する

ありがてえ。キンキンに冷えてやがる。悪魔的だ。

伊藤カイジ

地下労働で得た初任給で買ったビールを飲んで一言

金は命よりも重い

兵藤和尊

主人公の伊藤カイジがギャンブルで負けたとき兵藤会長が言った一言

名言をもっと見る(4件)

カイジ 人生逆転ゲームに関連するタグ

カイジ 人生逆転ゲームが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ